プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

山田尚子監督オリジナル最新作『Garden of Remembrance』23年リリース決定 制作はサイエンスSARU、キャラ原案は水沢悦子

山田尚子監督オリジナル最新作 『Garden of Remembrance』2023年のリリースが決定 (C)Garden of Remembrance -二つの部屋と花の庭-製作委員会の画像

山田尚子監督オリジナル最新作 『Garden of Remembrance』2023年のリリースが決定 (C)Garden of Remembrance -二つの部屋と花の庭-製作委員会

 アニメ『けいおん!』『映画 聲の形』などの山田尚子監督によるオリジナル最新作『Garden of Remembrance』(ガーデン オブ リメンバランス)が、2023年にリリースされることが決定し、イメージビジュアルなどが解禁された。また、山田監督のコメントを含め、情報が発表された『アヌシー国際アニメーション映画祭』のステージレポートが届いた。

【写真】『アヌシー国際アニメーション映画祭』に登壇した山田尚子監督

 山田監督は、2009年にTVアニメ『けいおん!』で監督デビュー。16年に公開された『映画 聲の形』では同年の日本映画全体の興収ベスト10入りを果たし、『第40回日本アカデミー賞』優秀アニメーション作品賞を受賞し、アニメ映画祭で世界最大の規模と歴史を誇るフランス『アヌシー国際アニメーション映画祭』長編コンペティション部門で入選を果たすなど、業界内外から注目を集め続ける。

 最新作となる『Garden of Remembrance』は、山田監督のオリジナル作品で、アニメーション制作はTVアニメ『平家物語』でもタッグを組んだサイエンスSARUが担う。また、キャラクター原案は漫画家・水沢悦子氏(漫画『花のズボラ飯』作画担当ほか)が手がけ、音楽は「可愛くてかっこいいピチピチロックギャル」として活動するシンガーソングライター・ラブリーサマーちゃんが書き下ろす。

 解禁されたイメージビジュアルには、3輪のアネモネの花が描かれた。山田監督は、本作品について「きみ」と「ぼく」と「おさななじみ」が登場するとコメントし、“考えたり、思ったりする気持ちは、どこに行くのだろう。出来うる事ならば、望む限り消えずにずっと在っていてほしい。(コメント抜粋)”と本作に込める想いを寄せた。

 現地時間15日夜に開催された『アヌシー国際アニメーション映画祭』のイベントに、山田監督とサイエンスSARUのチェ・ウニョン プロデューサーが登壇し、本作のコンセプトや制作過程を紹介た。

 今作は、音楽を軸にしたショートフィルムを制作しないか、とウニョン氏が山田監督に声をかけたことがきっかけで立ち上がり、音楽が好きでさまざまなジャンルを聴くという山田監督が挙げたのが、“無敵な女の子という感じがする”と語る、ラブリーサマーちゃんだったという。

 自身の作品を「女性的なフィルム」と評されることが多いがいまいちピンときていなかった、という山田監督は、逆に「女の子らしさ」に正面から取り組んでみようと思い選んだアーティストが彼女だとし、本作のコンセプトついても、2人で出し合ったキーワードをまとめる形で1つのポエムを作成。そこから監督がフィルムを、ラブリーサマーちゃんが音楽を創り上げてる、という制作過程の裏側が明かされた。

 登場するキャラクターについては、山田監督の希望で水沢氏にオリジナルのキャラクター原案を依頼。水沢氏の描く女の子の魅力を「生きている女の子らしい匂いを感じる。言うならば寝起きのヨダレの匂いのような生活感のある女の子をすごくキュートに昇華して描かれている」と語る山田監督。キャラクターデザインにおいては「とにかくムチムチにしてください」というオーダーを重ねたとし、本作のテーマが「誰かが誰かを想っている、心の行き場はどこなんだろう」というクールなものであるため、背景やキャラクターについては対照的に「きれいで可愛い色」と「おいしそうであること」に特にこだわっている、と話した。

 また、制作過程のフィルムの一部が世界初公開。約1分20秒の映像が上映され、会場が一気に『Garden of Remembrance』の世界に彩られ、上映が終わると大きな拍手が沸き起こりました。

 最後は山田監督が「アヌシーに来れて本当にうれしいです! これからも頑張って作品を作っていきますのでよろしくお願いします!」、ウニョン氏が「まだアヌシーでお会いしましょう!」と客席に呼びかけた。

■山田尚子監督 コメント
考えたり、思ったりする気持ちは、どこに行くのだろう。まるで空気のような形で残るのかな、あるいは全く消失してしまうのかな。出来うる事ならば、望む限り消えずにずっと在っていてほしい。「きみ」と「ぼく」と「おさななじみ」は、誰かにとっての何かなのだと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ