プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

織田裕二&中井美穂、TBS『世界陸上』13大会連続メインキャスターに決定 今回が“最後の世界陸上”

『世界陸上オレゴン』でメインキャスターを務める(左から)織田裕二、中井美穂 (C)TBSの画像

『世界陸上オレゴン』でメインキャスターを務める(左から)織田裕二、中井美穂 (C)TBS

 俳優・歌手の織田裕二とフリーアナウンサー・中井美穂が、7月16日に開幕するTBS系『世界陸上オレゴン』のメインキャスターを務めることが16日、発表された。1997年のアテネ大会以来、13大会連続のコンビが実現し、これが2人がメインキャスターを務める“最後の世界陸上”となる。番組テーマには「届け、スポーツのチカラ。」を掲げられ、テーマソングは織田の「All my treasures」が使用される。

【動画】7年前…織田裕二、新CMで躍動感ある走りを披露

 新型コロナウイルスの影響で1年延期の開催となった『世界陸上』18回目の舞台は、陸上王国アメリカ合衆国。オレゴン州ユージーンで初開催され、TBS系で10日間連続生中継される。

 織田と中井は、97年のアテネ大会以来、実に4半世紀にわたりメインキャスターを務めてきた。誰よりも世界中のアスリートをリスペクトし、大阪・ドイツ(ベルリン)・韓国(テグ)・ロシア(モスクワ)・中国(北京)・イギリス(ロンドン)・カタール(ドーハ)から熱いエールを2人ならではの言葉で送ってきた。

 その中では“人類最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)、アリソン・フェリックス(アメリカ)、エレーナ・イシンバエワ(ロシア)ら数多くの世界的スーパースターを熱心に現場で取材し、その偉業・大記録の瞬間を伝えてきた。そんな息の合った唯一無二の名コンビにとって、1ヶ月後に迫ったオレゴン大会がメインキャスターとしての“最後の世界陸上”となる。25年分の思いの詰まった“最高の10日間”を全力で届ける。

 今回の地上波放送は、日本時間の早朝から昼の時間帯を中心に行われる決勝種目をライブ中継。総放送時間はおよそ70時間となる。注目のマラソンは、男子は7月17日、女子は翌18日の午後10時から。日本勢の金メダルが期待される男子35キロ競歩は24日午後10時から完全生中継される。また、午後11時台に連日1時間のハイライト番組を放送し、最終日25日のゴールデンタイムには総集編が編成される。

 配信コンテンツも充実し、大会期間中のライブ配信やハイライト映像・クリップ動画のほか、大会前から番組公式ホームページやYouTube、各SNSアカウントで最新情報や選手情報、往年のスーパースターのパフォーマンス、織田&中井の懐かしの名シーン、さらに織田プレゼンツの企画などが随時配信される。

 今大会は、男子棒高跳び“伝説の鳥人”S・ブブカ(ウクライナ)を超えた若き天才ジャンパーA・デュプランティス(スウェーデン)をはじめ、世界記録保持者が最大14人出場予定(前回ドーハ大会よりも10人増)。さらに女子100メートルで不滅と言われるF・ジョイナー(アメリカ)の世界記録まであと100分の5秒に迫るジャマイカのスプリントクイーン、E・トンプソンヘラや、女子1500メートル・5000メートル・1万メートルの3冠を目指すS・ハッサン(オランダ)ら、東京五輪でも躍動したスター選手たちに注目が集まる。

 日本勢では、東京五輪でバトンミスを犯し途中棄権に終わった男子4×100メートルリレーの雪辱に期待。また、東京五輪女子1500メートルで日本人で初めて8位に入賞した田中希実、同男子3000メートル障害で過去最高7位に入賞した三浦龍司、男子走幅跳で日本37年ぶり入賞の橋岡優輝など、新世代が集う。

■織田裕二 コメント
『世界陸上』のメインキャスターとして長い間、アスリートたちの人間ドラマを見続け、伝えてきました。参加するすべてのアスリートや彼らを支える関係者のみなさま、番組を楽しみにしている視聴者のみなさまへ向けて、25年の集大成として、感謝と思いを込めて、熱く伝えていきたいと思います。

今回の世界陸上はアメリカ初開催ということで間違いなく盛り上がることでしょう。今からワクワクしています。とにかく地元アメリカが圧倒する大会になるのでは? と思います。今回は陸上王国アメリカがどれだけぶっちぎるのか、楽しみです。そして、その牙城(がじょう)を誰が崩すのか? そこに喜びとか悲しみとか驚きとか、かけがえのないドラマに期待しています。

今回の番組テーマは「届け、スポーツのチカラ。」。やはりスポーツっていいなあと思います。一生懸命やっていることから、興奮と感動が生まれます。あれだけわかりやすく全力でやっていることが目に見えるのが陸上。そして世界の人種や、筋肉隆々の選手や小柄な選手、しなやかな走りをする選手といったタイプの違うアスリートが一堂に会するスポーツは陸上しかない。そこに魅力を感じています。

今大会も楽しみにしている選手が山ほどいます。前回ドーハ大会1500メートルと1万メートルで金メダルのS・ハッサン選手(オランダ)は以前から何か気になっていた選手ですが、今回1500メートル・5000メートル・1万メートルの3冠を獲得できるのか? ラスト1周のスピードは必見です! そして、17歳の女子高生だった世界デビューから、ずっと成長を見続けてきたアリソン・フェリックス選手(アメリカ)はラストラン。最後に有終の美を飾ってもらいたい、という思いでいっぱいです。

そして、日本代表も男子100メートルのサニブラウン選手は3年前とは目つきも変わっていますし、男子3000メートル障害の三浦龍司選手、女子やり投の北口榛花選手、男子走幅跳・橋岡優輝選手といった、近い将来世界でも活躍が期待できる若いチカラにも注目しています。お楽しみに。

■中井美穂 コメント
1997年に『世界陸上』のメインキャスターを務めて以来、シンプルで奥の深い陸上競技に魅了され続けてきました。アスリートには多様なバックボーンがあり、多くの人の支えがあり、ドラマがありました。

陸上王国アメリカで初めての開催となる『世界陸上オレゴン』いよいよ開幕します。メインキャスターとして最後の放送になりますが、陸上への愛を込めて選手たちが限界に挑む姿を余すところなくお届けします。ご期待ください!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ