プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

GReeeeN、映画『ハウ』主題歌を担当 毛玉犬が宣伝“犬”使に就任

映画『ハウ』(8月19日公開)本ポスター (C)2022「ハウ」製作委員会の画像

映画『ハウ』(8月19日公開)本ポスター (C)2022「ハウ」製作委員会

 俳優の田中圭演じる主人公・民夫と“ワンと鳴けない保護犬・ハウ”の絆が紡ぐ映画『ハウ』(8月19日公開)の主題歌が4人組ボーカルグループ・GReeeeNの書き下ろし曲「味方」に決定。GReeeeNの爽やかな楽曲とともに、ハウの民夫への一途なまなざしが描かれるシーンに心打たれる予告編が解禁となった。

【動画】GReeeeNの主題歌入り映画『ハウ』予告編

 GReeeeNによる主題歌「味方」は、爽やかなメロディに“ハウと民夫の強い絆”を思わせる歌詞をのせた心温まる一曲。タイトルにもあるように、それぞれが持つ大切な“味方”への想いが想像できるような楽曲となっている。

 メンバーからは「寄り添ってくれる存在の大切さ。うれしい時、悲しい時、人生のあらゆる場面で、『あのさぁ』『ねぇ聞いて』って隣で話ができる、そしてそれを『そりゃないね!』って笑いあえる、そんな存在。映画『ハウ』では、主人公のハウと民夫がそのような関係で強い絆でつながっている、と主題歌のお話をいただいた際に感じました。この曲が誰かの『味方』になるきっかけになれたらうれしいです!!!! そしてGReeeeNも、いつもそんな存在でありたいと思っています」と、コメントが届いている。

 GReeeeNといえば、同映画の原作・脚本を手がけた斉藤ひろし氏との縁も深く、GReeeeNのビハインドストーリーがもとになっている映画『キセキ -あの日のソビト-』の脚本も斉藤氏が手がけた(両作ともプロデューサーは小池賢太郎氏)。

 解禁された予告映像では、婚約者にフラれ落ち込む民夫(田中)と、飼い主に放棄され保護犬となってしまったワンと鳴けない犬・ハウとの運命の出会いから始まる。散歩したりじゃれあったり、ハウと民夫は最高に幸せな時間を過ごす心癒される映像が垣間見える。そんな幸せな時間から一転、「ずっと、一緒だと思ってた――」という言葉とともに、突然訪れる“別れ”。ショックを隠し切れない民夫の姿に重なるのは、海辺や森の中を疾走するハウの姿。いなくなったと思っていたハウは、「もう一度、きみに会いたい!」と大好きな民夫の声を頼りにひたすら走り続ける。

 同僚・桃子(池田エライザ)をはじめ、民夫にハウを引き合わせる鍋島夫妻(野間口徹、渡辺真紀子)、ハウが民夫の元までひた走る道中で出会っていく、中学生の麻衣(長澤樹)、ハウに顔を寄せ抱きしめる女性・めぐみ(モトーラ世理奈)、傘屋を営む老女・志津(宮本信子)とその夫(石橋蓮司)など、ハウとの出会いによって癒される人々の様子も切り取られており、石田ゆり子の優しい心地よいナレーションとともに、物語の“優しい温かな結末”への期待が膨らんでいく予告映像となっている。

■SNSで人気のキャラクター毛玉犬が宣伝“犬”使に就任!

 新進気鋭のイラストレーター・ヨツタニモトコが描く、LINEスタンプから登場したキャラクター・毛玉犬が本作の宣伝“犬”使に就任。コンビニエンスストアのローソンでは、毛玉犬と一緒に描かれたかわいいハウと民夫のお散歩トートとセットでムビチケコンビニ券の発売も決定。7月1日より店頭「Loppi」で予約発売受付開始。ムビチケ前売券(オンライン)も同時発売。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ