プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【ANN55周年連載Vol.2】マヂカルラブリー&齋藤D鼎談(後編)スタッフ・リスナーとの“あうんの呼吸”で1時間半を駆け抜ける

『オールナイトニッポン』55周年連載Vol.2 マヂカルラブリー&齋藤修ディレクターの鼎談 撮影/池本史彦 (C)ORICON NewS inc.の画像

『オールナイトニッポン』55周年連載Vol.2 マヂカルラブリー&齋藤修ディレクターの鼎談 撮影/池本史彦 (C)ORICON NewS inc.

 1967年10月2日の深夜1時。「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽のかわりに音楽を、青空のかわりに夢を。フレッシュな夜をリードするオールナイトニッポン!」という糸居五郎の第一声で、ニッポン放送“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン(ANN)』が幕開けした。現在にいたるまで、才能豊かな数々のパーソナリティーを見出し、リスナーに寄り添い、常に時代の最先端を見つめ、話題や文化を発信してきた『ANN』が、この4月から55周年YEARを迎えた。

【写真たくさん】『マヂラブANN0』パーソナリティー×スタッフ鼎談

 ORICON NEWSでは、毎月1組のパーソナリティーにスポットを当てて『ANN』の“今”を紹介する連載企画をスタート。第2弾となる今月は、昨年より木曜日の『ANN0』(深3:00)を担当しているマヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)。全3回にわたる2回目は、番組を手掛ける齋藤修ディレクターとマヂラブによる鼎談の後編を届ける。

■最強のゲストAJ&杉浦太陽 リスナーからの秀逸なリアクション、スタッフとの連携が光る

 これまでに70回以上の放送のなかで、特にインパクトが強かった回を振り返ってもらった。

【齋藤】代表回といえば、AJ(厚切りジェイソン)じゃないですかね。すべてが上回ってくる感じがありました。

【野田】強かったなー。

【齋藤】最強の敵でしたね。敵かどうかわからないですが(笑)。

【野田】僕は杉浦太陽さんの回かな。全部うまくいかなかったっていう(笑)。すっごい先手を打たれていましたよね。ラジオ本番で腕相撲をやろうと思ったら、先に向こうのYouTubeの撮影で「やろう」となったり。そして、最後のごほうびが本当に面白かったっすよね。せめて直筆の手紙とかあるのかなと期待していたら、普通にみんなに配るようなプリントされたカードで……。でも、あの瞬間に辻ちゃんとの本当の距離がわかったんですよ(笑)。

【村上】太陽さんとしては、喜ばせようとしていたみたいですからね。

【野田】すごかったなー。なんか解決した回でもあります。中学の頃からお笑いをやろうと思ったきっかけが、20年越しに完結したという感じでした。

【村上】僕は普通のオープニングトークだったと思うのですが、「ボブスレーに乗る人たちの陣容がどういうものだったらいいのか」を話していく回で。メールもすごく面白くて! 面白いものをすごいわかってくれている人たちが聞いてくれているな、というのを感じることができて、本当にうれしかったですね。

 深夜3時からの放送にかかわらず、リスナーからの秀逸なリアクションメールも、この番組を支える大きな柱となっている。

【村上】あれも面白かった! 「ファミチキが40%大きくなった」というニュースを取り上げたときに、ファミマに確認しに行ったけど深夜でホットスナックが清掃中で「すみません、私みたいなものが調べられなくて…」みたいなメールが来て(笑)、「いやいや。そこまで頼んでないのよ」みたいな(笑)。さまざまなリスナーがいるんですよね、いじってくるやつとか、ただ情報を集めてくれるやつとか、無理やり脱線させるやつとか(笑)。それが面白いですね。

【齋藤】生放送なので、リスナーとのキャッチボールも楽しいですよね。

【野田】作家さんがメール選んで僕らのところに来るのですが、僕らに読ませることで、何か言いたいことがあるんだろうなっていうのを感じることもあって。例えば「やりすぎだぞ!」というメッセージであったり。「正露丸が何にでも効く」みたいなくだりの中で、「空に投げたらくもりが晴れた」みたいなことを言っちゃうやつがいたんですけど、それはやりすぎだぞとか(笑)。そういうメールが届くとうれしくなりますよね、スタッフとスタジオの全員が「やりすぎだぞ」と、同じ気持ちになれるっていう(笑)。そこの連携ができているのはデカいと思います。

【齋藤】最終的にどのタイミングでどのメールで刺すかっていうのは、ブースの中にいる作家の手腕にかかってくるんです。うちの場合は大ベテランの福田さん(福田卓也氏)という作家がいらっしゃるで、僕はコンプライアンスのチェックぐらいをして、あとは福田さんに任せています。

【村上】外にいる作家の高橋くん(高橋亘、トゥルーマン翔)が、メールを持ってブースに入ってくる時あるんですよ。あの時はワクワクしますよね、よっぽど今読んでもらいたいものが来たんだと(笑)。高橋くんも相当優秀っていうことでしょうね。

【齋藤】メインもサブも相当優秀なスタッフがそろっていますので、安心しております。

■放送前の対照的なルーティーン 野田はアニソン、村上は邦楽ロック…選曲でも役割分担?

 2年目で早くもチームワークもバッチリな雰囲気だが、2人の放送までのルーティーンを聞いてみた。

【野田】僕は放送前に自分がやっている「クリスタルジム」で体を鍛えてから、ニッポン放送に来ています。テレビの収録は深夜0時までには終わるので、スタジオ入りの深夜2時までは確実に空くんです。それが筋トレにはけっこう助かっています。

【村上】僕はまぁー寝ていますね。家で寝るか、ビデオボックスで寝るか(笑)。2時くらいにニッポン放送に入って、打ち合わせは15分くらいですよね?

【齋藤】もうちょっとやっています、といっても20~25分くらいで(笑)。あとは本番までは自由時間です。

【野田】僕はピタッと止まってボーッとしていますね。全員タバコを吸うから、自分ひとりしかいないんです。

【村上】打ち合わせが終わってからは、2次57分くらいまで喫煙所に籠もってます(笑)。そこで曲は何をかけようかなって考えたり、オープニングトークのニュースのわからないことを調べたり。

【野田】ずっと喫煙所にいるから、オープニングで咳払いするんですよ(笑)。

【村上】きょうはこの取材のために早めにスタジオに来たので喫煙所にいたら、(深夜1時から『ナインティナインのANN』に出演する)矢部さんがいらっしゃったんですけど、マジで12時59分までタバコを吸っていたので、さすがだなと。喫煙所からブースまでの歩数と時間を完全に把握されているから、ギリギリまでいれるんですね。僕も限界に挑戦してみたいです(笑)。

 2人の好みが反映された個性的な選曲、この番組に欠かせないものになっている。番組前半の曲は野田、後半の曲は村上がセレクトしている。

【野田】僕は音楽をまったく聴いてこなかったので、アニソンとかボカロとかしか知らないんです。別にアニメを見てきたというわけではなくて、ニコ厨だったので単純に曲を知っているだけで、その中から出さざるをえない。ただ、聴いてきた曲が権利関係的に対応していないものも多くて。今時代の変わり目なんですよ、ボカロが流せるか流せないかっていう。放送10分前くらいにいなって「販売元がわかりません」みたいなこともありました。

【齋藤】ニコニコも有名な楽曲はかけられるようになってきているのですが、まだ対応していない曲もあるんです。

【野田】齋藤さんって、僕の選ぶ曲をけっこう知ってますよね。

【齋藤】僕もニコニコを見ていた時期がありましたし、世代がまったく一緒なんですよ。

【野田】1回じゃ覚えられないような楽曲もすぐに理解しているから、毎回ビックリします。

【村上】僕はずっと聴いてきた曲から、邦楽ロックのステキな曲をみなさんにお届けしたいなと。ただ、アニソンもめっちゃ好きなのですが、野田さんがかけるからどんどん自分のストックがなくなっていくんです。

【齋藤】野田さんの選ぶアニソンはけっこう勢いがあるものが多いので、オープニングと相性がいいし、村上さんの選曲は終わりの時間にちょうどいい曲調が多くて、じっくり聴きたいからフルコーラスでかけたくなります。

■芸人ラジオ盛り上がりの下支えとなった「GERA」 番組イベントは「最高の休日」と「音楽フェス」の融合

 この番組をはじめ、芸人ラジオシーンは盛り上がりを迎え、テレビ番組や雑誌で大きく特集される機会も増えた。その理由として、2人は「ネットラジオ」の存在を挙げた。

【村上】やっぱり「GERA(※)」の存在がデカいですよね。「ラジオになると、こんなにわかりやすく面白くなるんだ」って、あそこから見つかる才能もたくさんあると思います。僕にとっての芸人ラジオは、くりぃむしちゅーさんで、何回も繰り返し聴いていました。
(※お笑い芸人のラジオに特化したアプリ。毎日午後8時に更新。参加芸人は錦鯉、金属バット、ママタルト、ヒコロヒー、まんじゅう大帝国、虹の黄昏、吉住、ラランド、ザ・マミィなど)

【野田】ラジオという本質は変わってないと思うのですが、ネットラジオはやろうと思ったらすぐに始められるので。

【村上】この前、ツートライブというコンビが公園のベンチに携帯を置いて、それ挟んでラジオをやってたんですよ。ガンガン周りの音とかも入っていたんですけど、聞きたい人は聞くでしょうし。誰でもいつでもどこでもできる状況ですよね。

 群雄割拠の芸人ラジオ界において、トップブランド『ANN0』のレギュラーを務め、トップスピードで先頭を走り続けるマヂラブ。インタビューの最後に、ANNの人気番組ではおなじみの“イベント”についての思いを聞いてみた。

【野田】まだ早いかなと思うんですけど、やりたいことといえば、ラジオの中でもけっこう話題になる、“最高の休日”ブースを作りたいです。というか、休日っていうイベントをやりたいですね(笑)。お客さんに来てもらって、そこで各々の休日を過ごしましょうと。マッサージがあったり、QBハウスがあったりと、食事ができたり、休日が全部済ませられる。お客さんを集めてわーっていう感じより、ほんのりとやれるものがあればいいですね。

【村上】僕は音楽フェスみたいなのをやってみたいですね。好きなアーティストをいっぱい呼んで、僕はでっかい蝶ネクタイでMCやりますから(笑)。そのステージのとなりに休日ブースがあればいいですね。

【齋藤】いま2年目なので、3年目になったタイミングでイベントができるとうれしいなと思っています。

【マヂカルラブリー】
2007年結成、野田クリスタルと村上によるお笑いコンビ。2017年『M-1グランプリ』決勝進出、18年『キングオブコント』決勝進出。20年には野田が『R-1ぐらんぷり』(当時)で優勝し、賞レースのトリプルファイナリストになると、同年『M-1グランプリ』で優勝する。漫才やコントのネタだけではなく、野田が独学で習得したプログラミングで開発する「野田ゲー」でも話題となっている。21年4月から『オールナイトニッポン0(ZERO)』木曜日を担当。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ