プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

“マーベルガチ勢”見取り図、『ソー:ラブ&サンダー』宣伝アンバサダーに就任 一言声優にも挑戦

マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開) 宣伝アンバサダーに就任した見取り図の画像

マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開) 宣伝アンバサダーに就任した見取り図

 お笑いコンビ・見取り図が、マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開)の宣伝アンバサダーに就任。さらに、夢見たマーベル・スタジオ映画の日本版声優として、ひと言参加することが決定。そのことをマーベルガチファンであるリリーのバースデー(6月2日)サプライズとして盛山が伝える動画も公開された。二人は本作が実写吹替初挑戦となる。

【動画】マーベル大好き!見取り図の特別映像

 本作の舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘の後、ソーは多くの大切な仲間を失ったことでいつしか戦いを避けるようになり“ヒーロー卒業”を宣言、自分探しに迷走することとなる。そんな中現れた神々の殲滅(せんめつ)を目指す最強最悪の敵”神殺し“ゴアによって、全宇宙の神が危機に晒され、ソーは絶体絶命のピンチに陥ってしまう。その時、救世主として現れたのは、ソーのコスチュームに身を包んだ新たなヒーロー“マイティ・ソー”となった元恋人のジェーンだった。ソーとマイティ・ソー“2人の雷神”がタッグを組み、シリーズ最大の脅威ゴアに立ち向かう。

 宣伝アンバサダーへの就任した見取り図の二人は、「マーベル大好き芸人」として知られ、これまでもイベントなどでその筋金入りの愛の強さをアピールしてきた。そのため、今回の就任について盛山は「マーベルとってもとっても大好き芸人ですから、嬉しいです!」と強い喜びを語り、また相方・リリーも「実際にそうなんですよ! ソー大好き! 前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』で雷の力をまとった瞬間。あのソーかっこよかったよなぁ!」と興奮気味にお気に入りのシーンを語り出すほどに、「ソー」シリーズやマーベル作品への愛の強さを伺わせる。

 また、日本版声優としてどんな役の声を演じるかは明らかにされていないものの、重要なポジションでの声優となることを日本語吹替版の演出家から伝えられたリリーは「マジですごいじゃないですか! めっちゃ大事じゃないですか! ヤバ!」とまさかのプレゼントに喜びを隠せない様子で「でもすごい数の人が観るんですもんね。うわ~重大な任務だ…。うれしいけど重大すぎて緊張するな」と急な大役にプレッシャーも感じ、表情をこわばらせていた。

 改めて声優挑戦への意気込みを聞かれた盛山は「大変光栄です! 今まで観てきたマーベル作品の中に自分の声が入るなんて。しかもこれからも残っていくので、この『ソー:ラブ&サンダー』日本の吹替版を何年後かに観た時に、『これ、おれやねん』と言える。こうしてマーベルに関われたということはすごくうれしいことです」と喜びのコメント。

 リリーは「マーベルの声優をやるということが、芸人として本当に夢だったので嬉しいです!」と同じく喜びを語る一方で、「通常は役が決まって3か月くらい役作りしたいところを…。」とやや不満気味に答え、「黙れよ! 役者でもないのに(笑)」と盛山がすかさずツッコミ。さらにリリーは「今回決まってから数十分くらいで収録とすぐだったので、台本を読ませていただいて感情を文字に入れていく作業が大変でした」とプロ顔負けのコメントをすると、「相方・リリーにはサプライズ発表でしたが、僕は前もって知っていたので、気持ちいれてずーっと役作りしていました!」と、盛山はまさかの役作りのエピソード(?)を明かしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ