プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

塚本高史、X JAPAN・hideの大ファンすぎて監督に口出し「大好き人を裏切らない作品にしたい」

hideの大ファンすぎて監督に口出ししたという塚本高史 (C)ORICON NewS inc.の画像

hideの大ファンすぎて監督に口出ししたという塚本高史 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の今井翼、塚本高史、ギタリストのJUON、塚本連平監督が15日、都内で行われた映画『TELL ME ~hideと見た景色~』(7月8日公開)完成披露上映会に登場。X JAPAN・hideさんと弟の松本裕士さんを描いた作品で、hideさんファンの塚本は監督に意見をぶつけていたことを明かした。

【写真】初対面で…涙を拭う今井翼

 同作は、ロックバンド・X JAPANのギタリストで1998年に亡くなったhideさんの実弟・松本裕士氏の著書『兄弟 追憶のhide』(講談社文庫)が原作。制作途中だったアルバム、そして既に決定していた全国ツアーや数々のスケジュール…。本人不在という異例の状況の中、hideのパーソナルマネージャーを務める弟・松本裕士は、hideが遺した音楽を世に届けるため、hideの共同プロデューサーI.N.A.をはじめとする仲間たちとともに、多くの困難を乗り越えていった軌跡を描く。

 hideの共同プロデューサーI.N.A.を演じた塚本は、hideの大ファンであり、hideのドキュメンタリー映画『JUNK STORY』でナレーションを務めるほど。主演で裕士を演じた今井は「これだけ愛しているからこそ、非常に細かいところまで忠実に再現することができた」と太鼓判。

 塚本は、監督にも意見をぶつけていたそうで「hideちゃんのファンに嘘のないように、僕がファンの目線に立って、hideちゃんが大好き人を裏切らないような作品にしたいということを今回テーマにしていた」とこだわりを語った。

 監督も、hideさんについてそんなに詳しく知らなったといい「本やドキュメンタリーを何度も見て、勉強したんですが、実感を持って描ききれない。実際にファンだった塚本くんがいろいろ言ってくれるのが助かった」と塚本の存在が大きかったことを明かした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ