プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

今井翼、映画初主演での現場は「ほとんどしゃべらなかった」 hideさんへの思いから役に全集中

映画初主演で役に全集中したという今井翼 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画初主演で役に全集中したという今井翼 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の今井翼、塚本高史、ギタリストのJUON、塚本連平監督が15日、都内で行われた映画『TELL ME ~hideと見た景色~』(7月8日公開)完成披露上映会に登壇した。

【写真】初対面で…涙を拭う今井翼

 同作は、ロックバンド・X JAPANのギタリストで1998年に亡くなったhideさんの実弟・松本裕士氏の著書『兄弟 追憶のhide』(講談社文庫)が原作。制作途中だったアルバム、そして既に決定していた全国ツアーや数々のスケジュールなど、本人不在という異例の状況の中、hideのパーソナルマネージャーを務める弟・松本裕士は、hideが遺した音楽を世に届けるため、hideの共同プロデューサーI.N.A.をはじめとする仲間たちとともに多くの困難を乗り越えていった軌跡を描く。

 今作が映画初主演となった今井は「X時代からhideさんのことが好きで、本作に参加できてありがたいと同時にしっかり意思を持って描いていきたいと思いました」と心境を吐露する。

 また、今井は役に入りすぎてほかのことに手がつかなかったといい「何も座長らしいことをやってない」と苦笑い。hideの共同プロデューサーI.N.A.を演じた塚本も「周りがわちゃわちゃしていても、すごい集中しているなと感じていたし、ほとんどしゃべらなかった」と撮影現場での今井の様子を明かした。

 また、hideさんが生前通っていたバーに行くことがあったという今井は「写真が飾ってあって、その空間で過ごした時間っていうのもhideさんをすごい感じられた。海外からそのために来る人もいて、いかにhideさんがたくさんの人に愛されていたのかっていうことを感じました」とhideさんとの縁と偉大さを語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ