プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

NCT・ドヨン出演 韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』日本語字幕付きオンライン配信決定

韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』PIA LIVE STREAMにて日本語字幕付き配信が決定の画像

韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』PIA LIVE STREAMにて日本語字幕付き配信が決定

 多国籍男性ダンス&ボーカルグループ・NCTのドヨンが出演、2021年11月に韓国のEMKミュージカルカンパニーが制作した韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』が、7月に日本語字幕付きで配信されることが決定した。

【写真】ミュージカル初出演となったNCT・ドヨン

 本作は遠藤周作の小説『王妃 マリー・アントワネット』を原作とし、『モーツァルト!』『エリザベート』『レベッカ』などを生み出したミュージカル界の巨匠ミヒャエル・クンツェが脚本・作詞、シルヴェスター・リーヴァイが作曲を手掛けた、歴史上最も華やかな悲劇。18世紀のフランス革命を背景に、王妃マリー・アントワネットと、社会の不条理に立ち向かい革命を引っ張った仮想の人物マルグリット・アルノーという、共に『M・A』のイニシャルを持つ二人の対照的な人生がドラマチックに描かれている。

 本作がミュージカルデビューとなったドヨンは、マリー・アントワネットを愛するスウェーデン貴族フェルセン伯爵役で登場。美しい歌声に込めた高い表現力で、王妃への一途で純粋な愛を見事に表現している。王妃マリー・アントワネットを演じるのは、かわいらしさとカリスマ性を併せ持つキム・ソヒャン。自由と平等のために戦う女戦士マルグリット・アルノーは力強い歌唱力が特徴のチョン・ユジが演じる。

 同作は7月7~10日の4日間、オンライン配信動画サービス「PIA LIVE STREAM」にて日本語字幕付きで配信。チケットは、きょう15日よりチケットぴあにて発売中。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ