プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

堀内賢雄・大塚明夫が熱演、アニメーション映画『神々の山嶺』本予告映像解禁

(左から)羽生丈二(CV:大塚明夫)、深町誠(CV:堀内賢雄)=フランス製アニメーション映画『神々の山嶺』(7月8日公開)の画像

(左から)羽生丈二(CV:大塚明夫)、深町誠(CV:堀内賢雄)=フランス製アニメーション映画『神々の山嶺』(7月8日公開)

 日本の傑作漫画をフランスでアニメーション映画化した『神々の山嶺(いただき)』(7月8日公開)の本予告映像が解禁となった。

【動画】アニメーション映画『神々の山嶺』本予告

 作家・夢枕獏のベストセラー小説を 、圧倒的な画力で世界中にファンを持つ谷口ジローが漫画化した同名漫画(集英社)が原作。「登山家マロリーはエベレスト初登頂に成功したのか?」という登山史上最大の謎の鍵を握る一台のカメラと孤高のクライマー・羽生。そして、彼を追うカメラマン・深町が初登頂の謎に迫りながら前人未到の冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に挑む姿を描く。

 本作の完成を願いながら惜しくも2017年にこの世を去った、谷口さん自身も製作に参加。アニメーション映画『ウルフウォーカー』の製作チームとともに7年の歳月をかけ、熱い人間ドラマと実写では再現不可能な命がけの登攀シーンを圧巻の映像で表現した。フランスのアカデミー賞に当たるセザール賞でアニメーション映画賞を受賞するなど、本国で大ヒットを収めた。日本語吹替版では、堀内賢雄、大塚明夫、逢坂良太、今井麻美らが熱演している。

 解禁された本予告映像では、「高く、さらに高く、登り続ける。だが、なんのために?」という堀内演じる深町誠の問いかけから始まり、孤高のクライマー・羽生丈二とカメラマン深町が繰り広げる冒険ドラマの幕開けを予感させる。

 大塚演じる羽生の「一度、山を覚えたら取り憑かれる」というせりふを証明するかのように、羽生は暴風、雪崩、雷の過酷な状況の中、地上8848メートルにそびえ立つエベレストに果敢に挑む。

 圧倒的かつ壮大なスケールで描かれるエベレスト登山の様子は、臨場感あふれる描写で、氷点下50度を感じさせるかのような没入感を与え、観るものも羽生や深町と一緒にエベレスト登頂に挑んでいるかのように体感させる。

 あわせて解禁された場面写真では、羽生の挑戦を記録しようとカメラで追う深町の様子や、岩間を飛び越え、雪崩から必死に逃げるなど、本予告さながら雪山の過酷さが伝わってくる様子が描かれている。

 本作について、「孤独のグルメ」で谷口さんとコラボレーションをしている久住昌之氏(漫画家・音楽家)は「驚いた。谷口さんの絵の『神々の山嶺』は、絶対に映像化できないと思っていました。しかし、漫画からも独立した、素晴らしいアニメ作品に仕上がっていた。静かで、険しく、美しい。音楽の豊かさにも、嫉妬心さえ覚えました」と、絶賛するコメントを寄せている。

(C) Le Sommet des Dieux – 2021 / Julianne Films / Folivari / Melusine Productions / France 3 Cinema / Aura Cinema

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ