プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ナンバMG5』愛犬「松」役の豆三郎、クランクアップ 間宮祥太朗が“巨大おやつ”プレゼント

ドラマ『ナンバMG5』をクランクアップした難破家の愛犬・松役の豆三郎(C)フジテレビの画像

ドラマ『ナンバMG5』をクランクアップした難破家の愛犬・松役の豆三郎(C)フジテレビ

 俳優・間宮祥太朗が主演を務める、フジテレビ系“水10”ドラマ『ナンバMG5』(毎週水曜 後10:00)にて、難破家の愛犬「松」役の柴犬・豆三郎が、このほどクランクアップした。ヤンキー犬を見事に演じきった豆三郎へ、主演の間宮が巨大なおやつをプレゼントし、キャスト・スタッフ皆が大きな拍手とともに、豆三郎との別れを惜しんだ。

【写真】間宮祥太朗ら“子どもたち”のお祝いに笑顔!宇梶剛士&鈴木紗理奈

 原作は小沢としお氏の『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)。今までのヤンキードラマとは違い、筋金入りのヤンキー一家「難破(なんば)家」の次男・難破剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという<高校“逆”デビュー>物語となっている。

 豆三郎が演じた難破家の愛犬・松は、剛を“アニキ”と慕うアツいヤンキー犬だ。剛が二重生活を送っていることに家族でいち早く気がついたのは松であり、最初はショックを受けたものの、剛の葛藤をそばで見守ってきたバディ的な存在でもある。松が第1話で登場するやいなや、その愛らしい表情や、真剣に走ったりほえたりする名演技に、「かわいすぎる!」「松を見るためにドラマを見る!」といった声がSNSを中心に続出となった。

 第2話では、松の声を大人気声優で俳優の津田健次郎が担当していると明かされ、津田の渋すぎるイケボと、豆三郎のルックスとのギャップに「萌える!」と、さらに大きな話題となった。

 クランクアップの日は、剛のツレ(友人)・伍代直樹(神尾楓珠)の自宅でのシーンの撮影だった。伍代の高級マンションにある白い革張りのソファにて最後のカットを撮り終えると、スタッフから「難破松役の豆三郎さん、オールアップです!」とかけ声が。間宮や神尾、そしてスタッフから一斉に大きな拍手が送られ、間宮が「豆! 豆!」と大きな骨型のガムをプレゼントされた。

 クンクンと匂いを確認しつつも「?」と、微妙な表情を浮かべた豆三郎にスタッフは大爆笑。「一言どーぞ!」とのリクエストに、しっかり皆の前で「ワン! ワン! ワン!」とお礼のコメントを述べる(ほえる)ことができた、賢い豆三郎だった。撮影現場では、豆三郎の演技によってスケジュールがおす(時間がのびてしまう)ことはなかった。実は、少々“ビビり”な性格だという豆三郎は、撮影が始まった当初はおとなしかったが、次第にキャスト・スタッフに慣れていき、難破家の一員として見事に演じきった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ