プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

井ノ原快彦主演、『特捜9 season5』クランクアップ「このメンバーでないと成り立たない!」 山田裕貴&深川麻衣は涙

クランクアップを迎えた『特捜9 season5』キャスト(C)テレビ朝日の画像

クランクアップを迎えた『特捜9 season5』キャスト(C)テレビ朝日

 俳優の井ノ原快彦が、主演するテレビ朝日系の人気ドラマシリーズ『特捜9 season5』(毎週水曜 後9:00)。このほど、全12話、約4ヶ月にわたる撮影がクランクアップ。キャストたちが、笑顔と涙で仲間たちへの感謝、各々の熱き思いを語った。

【写真】一足先にクランクアップを迎え真っ赤な花束で祝福された向井康二

 2018年から座長として、出演陣やスタッフを引っ張り続ける井ノ原は、クランクアップ直後、大きな花束を受け取り、開口一番に「まずスタッフの皆さん、本当にすごいと思った!」と感謝。撮影開始当初、コロナ禍など、まだまだ不安定だった撮影現場の状況下でも柔軟に対応する彼らの姿に「誇らしい気持ちになる」と語り、苦楽を共にした盟友をねぎらった。

さらには、「スタッフ、キャストが全員一丸となって、カメラの向こうのファンを楽しませるには、このメンバーでないと成り立たない!」とキャストの信頼関係もさらに厚くなった様子で、共演シーンも多かった新メンバーの深川麻衣には「実は、すごく助けられていた」と、改めて敬意を表した。

 小宮山志保役の羽田美智子は「もう終わっちゃったというくらい早かった」と、充実した期間だったことを明かす。そして、『特捜9』は「いつでも戻ってこられる実家のような現場」と表現し、撮影現場の“ホーム感”を強調した。

 青柳靖役の吹越満は、「井ノ原君のドラマや役柄に対する愛情をより感じた」と座長としての井ノ原の存在をリスペクト。さらに「僕にいてほしくないと思っている人がいても、僕はこれからもいます」と笑いを誘った。青柳と相棒の矢沢英明役・田口浩正は「(『警視庁捜査一課9係』から数えて)17年ですかね。このドラマの可能性はまだまだあると思っています。もっとこれから面白くなって、いい作品になれば」と、さらなるドラマの成長に期待を寄せた。

 また、新藤亮役の山田裕貴と、高尾由真役の深川麻衣はクランクアップで涙を見せ、「ここにずっといたいと思わせてくれる現場です。皆さんの声を聞いて、顔を見るだけで、自然に笑顔になれる」(山田)、「最初は緊張しすぎてお腹が痛かったこともありましたが、本当に皆さん優しくて…いつしか撮影に来ることが楽しみになっていました」(深川)と、声を詰まらせながら語った。

 そして、国木田誠二班長役・中村梅雀は本作のスタッフ・キャストを「家族ぐるみ」と表現。「こんなにも全員が同じ方向に向こうと努力して、しかも、それを楽しんでやろうとしている現場って本当に稀有。僕も“家族ぐるみ”に参加したいので(笑)、これからも末永くお付き合いさせてください」と、『特捜9』に参加して3年の思いを述べた。

 そのほかにも、いち早くクランクアップを迎えた三ツ矢翔平役の向井康二は「井ノ原さんとの共演もうれしかったですし、次に出る際は吹越さんのアドリブにも対応できるように精進していきます!」と先輩たちとの演技合戦から得たものが大きかったことに感謝し、浅輪倫子役・中越典子は「今年も皆さんとお会いできてよかった!」と笑顔。

 早瀬川真澄役の原沙知絵は「今回は20代の若い女性のスタッフや出演者も増えたのでうれしく思います!」と若い才能が現場に新たな風を吹かせていることを喜んだ。

 なお、今シーズンではゲストとして登場した村瀬健吾役の津田寛治は「また、村瀬として帰ってこれたらうれしいと思っています!」とコメントを寄せた。

■井ノ原快彦(浅輪直樹役)コメント
まずスタッフの皆さん、本当にすごいと思った! いろんなことに対応してくれて、きっと、ずっと“スーパースタッフ”でいてくれるんだろうなと思ったら、誇らしい気持ちになります。スタッフも演者もみんな、この『特捜9』の現場で養分を吸収して、他の場所で花を咲かせて、それぞれが大きくなって、また戻ってこれたら幸せです。今回はマイマイ(深川)が兄妹みたいな感じで接してくれたことに助けられた部分もありましたし、もちろん、山ちゃん(山田)にも、(中村)梅雀さんにも、引っ張ってもらいました。スタッフ、キャストが一丸となって、カメラの向こうのファンを楽しませるには、このメンバーでないと成り立たない! とにかく、またお会いしましょう!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ