プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

Snow Man岩本照、過酷な消防士訓練も余裕「筋肉痛が来なくて残念」

過酷な消防士訓練も余裕だったというSnow Man・岩本照 (C)ORICON NewS inc.の画像

過酷な消防士訓練も余裕だったというSnow Man・岩本照 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・Snow Manの岩本照(29)が14日、都内で行われた映画『モエカレはオレンジ色』完成披露イベントに参加した。毎年の『SASUKE』にも出場し、筋肉自慢でお馴じみの岩本は、消防士役ということでリアルな訓練も経験。それを見学したヒロイン役の生見愛瑠(20)は「あんなにやられてるのに筋肉痛になってないって言ってて」と驚くと、岩本は「筋肉痛が来なくて残念でした。(筋肉は)ついたと思うんですけど、日々、鍛錬と思っているので」と余裕の表情をみせた。

【写真】かわいすぎ!笑顔で指ハートする浮所飛貴

 今作は、漫画雑誌『デザート』(講談社)にて2016年から連載中の玉島ノン氏による少女漫画を実写化。超シャイな消防士・蛯原恭介(岩本)×ぼっちのJK・佐々木萌衣(生見)によるピュアなラブストーリー。この日は、鈴木仁(22)、上杉柊平(30)、ジャニーズJr.美 少年の浮所飛貴(20)、古川雄大(34)、藤原大祐(18)、永瀬莉子(19)、村上正典監督が登壇した。

 村上監督いわく岩本がロープに登る訓練のシーンでは「大きいクレーンで撮っていたんですけど。早すぎて追いつけなくて。ゴールを大事な撮らずに…それくらい計算外の速さでした」と超人ぶりを発揮。過酷な撮影も岩本は「楽しめました」とひょうひょうとしており、「消防の方のトレーニングは気になってはいたんで、どんな素材なんだろうとか、登ってみたいと思っていたので、堂々と登れてよかったです」と満喫できたよう。

 同じ訓練に参加した浮所は「インする前に消防署に直接行って練習する時間を設けていただいたんですけど、ロープ登はんという、腕の力だけで登る練習をしたときに、5、6メートルの壁をスイスイ登っていて。僕は登りきれなかったのでやっぱりひーくんの筋肉はさすがだな、と」と圧倒されていた。

 今作のキャッチフレーズである『守ってくれる人を好きになりました』にちなみ、好きになったものを聞かれた岩本は「消防士を好きになりました」と回答。「実際にトレーニングを間近で観させてもらっているときも、出動されるタイミングもあって、いつ、どこでなにがあるかわからないところで命をかけられるかっこよさ」に尊敬の眼差し。現場では「ほかの消防士の方に混じってスタッフさんに見つけられない遊びをしてました」といい「なかなか見つけてくれなかったので楽しんでました」と、うれしげに明かしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ