プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

全世界で676万人以上が参加…“ペットボトル2500万本分相当のゴミ回収に貢献” アディダス『RUN FOR THE OCEANS』

『RUN FOR THE OCEANS 2022』が開催の画像

『RUN FOR THE OCEANS 2022』が開催

 アディダス ジャパンは、5月23日から6月8日の期間中、海洋プラスチック汚染問題に対する世界規模のムーブメント『RUN FOR THE OCEANS(ラン・フォー・ジ・オーシャンズ)』を開催した。

【写真】坂本花織&清宮幸太郎も参加!オンラインで開催されたイベントの模様

 今年度のRUN FOR THE OCEANSでは、プラスチックゴミ ゼロの未来を目指して「走行時間10分ごとに、プラスチックボトル1本相当のプラスチックゴミをアディダスとパーレイが沿岸地域から回収する」という試みを全世界で行った。

 その結果、昨年度を大きく上回る約676万人が全189ヶ国より参加、全世界で過去最大の参加人数を記録することができた。また、参加者の総走行時間は7億7122万分(約1285万時間)を超え、最大回収重量上限の250トン分、ペットボトルに換算して約2500万本分相当のプラスチックゴミ回収に貢献した。

 国内でもさまざまなアクティビティを行い、日本だけで約6万人が参加、昨年度と並び過去最大規模の参加者数となった。開催初日となる5月23日には羽根田卓也選手(カヌースラローム)や岩出玲亜選手(陸上競技)をはじめとするアディダスアスリート約50人が参加したサステナビリティと環境保全に関するワークショップ「アディダス サステナ スクール」を開講。

 そのほか、期間中には「ADIDAS RUNNERS TOKYO」スペシャルウィークとして、走りながらゴミを拾う”プロギング”を行う『SHIBUYA 530 CHALLENGE』の開催や、元ビーチバレー選手の坂口佳穗氏とラグビーの松井千士選手とともにアクティビティを楽しむビーチセッション、スポーツクライミング野中生萌選手や柔道家の野村忠宏氏と一緒にサステナビリティを学ぶオンラインセッションなど、さまざまなパートナーと『RUN FOR THE OCEANS』を盛り上げる取り組みを行った。

 本年度の『RUN FOR THE OCEANS』計測終了を記念し、アディダスがパートナーと行った取り組みをまとめたブランドフィルムを、adidas Tokyo公式インスタグラムにて公開中。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ