プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

朝倉未来、メイウェザー戦は「特に対策しない。見た目の感覚では勝てる気がする」天心戦の態度に怒りも

フロイド・メイウェザー戦への意気込みを語った朝倉未来 (C)RIZIN FFの画像

フロイド・メイウェザー戦への意気込みを語った朝倉未来 (C)RIZIN FF

 格闘技イベント『RIZIN』が14日、アメリカ・ラスベガスで緊急会見を行い、ボクシング5階級制覇の元王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(45)と、格闘家で人気YouTuberの朝倉未来(29)が、9月に日本で対戦することが発表された。

【動画】朝倉未来、自らのファイトスタイルに自信「すごい異質で特殊なストライカー」

 会見でメイウェザーと並んだ未来は「僕はMMAファイターなので、世界に名前を売るために利用させてもらう。倒します」と堂々と勝利宣言。その後の質疑応答でも「ボクシングにリスペクトがあり、その5階級王者なのですごい選手と思うけど、特に対策はせずにいこうと思う」と明かす。

 会見で向き合った印象として「見た目の感覚でいうと勝てる気がしているので、この感覚のままいったほうがいいかな」と語り、自身のファイトスタイルを「すごい異質で特殊なストライカーなので、今までメイウェザーがやった相手と違うので、このままの感じで戦えれば、(パンチが)入るんじゃないかな」と自信を見せた。

 まさかのビッグマッチの実現となったが、2年ほど前から榊原信行CEOと話していたといい、2018年のRIZINでメイウェザーが那須川天心と戦っていることから「夢物語ではないな」と視野に入れていた。

 また、その天心戦のメイウェザーについても「ちょっと怒りみたいなものがあった。(態度が)ナメてるやつだなと」と振り返り、「だからタダで返すつもりはないというか、本当にいいのを入れたい」と、天心のリベンジも誓った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ