プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

朝倉未来「メイウェザーマジで話なげぇ」会見中にスマホ操作しツイート

フロイド・メイウェザーと朝倉未来の対戦を発表 (C)RIZIN FFの画像

フロイド・メイウェザーと朝倉未来の対戦を発表 (C)RIZIN FF

 格闘技イベント『RIZIN』が14日、アメリカ・ラスベガスで緊急会見を行い、ボクシング5階級制覇の元王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(45)と、格闘家で人気YouTuberの朝倉未来(29)が、9月に日本で対戦することが発表された。

【動画】「話が長すぎて…」メイウェザーを前に記者会見中にSNSを更新する朝倉未来

 会見でメイウェザーと並んだ未来は「僕はMMAファイターなので、世界に名前を売るために利用させてもらう。倒します」と堂々と勝利宣言。さらに、会見中には大物ぶりを見せつけた。

 前日までニューヨークで行われた国際ボクシング殿堂入りイベントに出席し、ラスベガスに戻ってきたばかりのメイウェザーは、これまでのキャリアを振り返りスタッフやファンに感謝の言葉を長々とコメント。

 さらに、会場にはアメリカのボクシングメディアが多数駆けつけ、質問がメイウェザーに集中すると、未来は会見中にも関わらずスマホを操作し、「メイウェザーマジで話なげぇ」とツイート。世界中のボクシングファンが注目する生配信にもかかわらず、未来らしさを貫いた。

 メイウェザーはボクシングで史上初めて無敗で5階級制覇し、通算戦績は50戦50勝、試合のたびに記録的なPPVを売り上げて大金を生み出すことから“マネー”の異名を持つ、まさに歴史上最強のボクサー。ボクシング引退後の17年8月に行われたUFC2階級王座のコナー・マクレガーとの一戦は、アメリカ歴代2位のPPV売上となる430万件、同じくアメリカ歴代2位の歴代2位のチケット収入5540万ドルを記録。メイウェザーはこの1戦のみで、約300億円を稼いだと言われている。18年大みそかには『RIZIN』のリングで那須川天心と対戦した(公式記録に残らないエキシビションマッチ)。

 一方の朝倉未来は、ストリートファイトをバックボーンに格闘家に転身し、『THE OUTSIDER』で2階級を制覇して2018年から『RIZIN』に参戦。日沖発、ルイス・グスタボ、矢地祐介らを破って頭角を現すと、YouTuberとしても多数の斬新な企画で話題となり、圧倒的なカリスマとして世間から人気を集める。数々のプロデュースなども手掛けるなど、いま日本で最も動向が注目される格闘家。

 未来は4月に行ったORICON NEWSの独占インタビューで、今後の格闘技の展開について「すごい面白いことが進んでいるので、みんな予想しないことが起きると思います」と予告していた。“生きるレジェンド”メイウェザーとの試合は、まさに世界中を驚かせるサプライズとなった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ