プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「コンプレックスだった長身を武器に…」ボディメイクで太りやすい体質を改善したスウィーツ好き会社員「精神的に強くなった」

『ベストボディ・ジャパン(BBJ)』横浜大会に出場した松本佳那美さん(写真/片山よしお)の画像

『ベストボディ・ジャパン(BBJ)』横浜大会に出場した松本佳那美さん(写真/片山よしお)

 先ごろ、筋肉と健康的なボディラインの美しさを競う『ベストボディ・ジャパン(BBJ)』の横浜大会が開催された。「スウィーツが大好きでコロナ太りをした」という会社員の松本佳那美さん(25歳)は、ボディメイクで太りやすい体質を改善。半年で3~4キロ減量した美ボディをビキニ姿で披露した。

【全身写真あり】美女たちがズラリ…モデルや教師、医師らの美しいボディ競演!自慢の美尻や美くびれを披露

◆食べることが大好きでコロナ太り「減量でスウィーツを我慢するのがつらかった」

――トレーニングを始めたきっかけを教えてください。

【松本佳那美さん】 1年前にコロナ太りをして、このままではダメだと思ってそれからです。それまではふつうのエクササイズをやったことがある程度で、トレーニングもダイエットも特にしたことはなかったのですが、スポーツジムに週3~4日通って、食事制限と筋トレで半年で3~4キロ落としました。

――コンテストに出場しようと思ったきっかけは?

【松本佳那美さん】 よくInstagramを見ているのですが、『BBJ』に出場している憧れの選手がいて。その女性のように美してくカッコいいボディになりたくて、自分もトレーニングして、いつかコンテストに出場したいと思っていました。

――ボディメイクでつらいことはありましたか?

【松本佳那美さん】 食べるのが大好きなので、スウィーツを我慢することですね。それがちょっとはストレスになっていたかもしれません。でもどんな体型になりたいのか、目標をしっかりと立てて、それに向けて意思を強くもっていたので大丈夫でした。

――ボディメイクの楽しさはどういうところですか?

【松本佳那美さん】 きついトレーニングで鍛えている成果がきちんと身体に表れるところですね。食事制限がつらいときもありますけど、そのぶん如実にスタイルが変わります。がんばればがんばるだけキレイになる手応えがあるので、楽しみながらボディメイクに打ち込めます。

――ビキニ姿でステージに立つ恥ずかしさはありませんでしたか?

【松本佳那美さん】 やっぱりありました。でも、それよりもコンテストに出場することへの憧れのほうが強かったです。トレーニングしていくうちに身体が変わって、どんどん自分に自信がついていきましたし、そこはそれほど気にならなくなっていきました。

◆ボディメイクで体質改善も…精神的に強くなった

――ボディメイクが自身のプラスになっていることは?

【松本佳那美さん】 もともととても太りやすい体質だったのが変わったことです。ボディメイクで体質改善できました。そこはすごくやってよかったって本当に思っているところです。あと、ちょっとのことではへこたれなくなって、いつも前向きになりました。精神的に強くなった気がします。

――いまボディコンプレックスはありますか?

【松本佳那美さん】 背が高いことがずっとコンプレックスだったのですが、ボディメイクを始めてからは、それを活かせるようになって意識が変わりました。ポージングではそのための表現をいろいろ考えて取り組んでいます。課題はあがり症なところですかね。

――体質改善して周囲から言われることはありますか?

【松本佳那美さん】 女性から「引き締まったね」とかスタイルを褒めてもらったり、「キレイになったね」と言われたりすることもあって、すごくうれしいです。どんな方法でスタイルが良くなったのか、食事はどうしているのかよく聞かれます。皆に気づいてもらえるくらい変われたんだと思って、それが自信に繋がっています。
(文/武井保之)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ