プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

橋本環奈主演、映画『カラダ探し』10・14公開 “6人の死体に囲まれた血まみれの赤い人”ビジュアル初解禁

橋本環奈主演、映画『カラダ探し』(10月14日公開)ティザービジュアル(C)2022「カラダ探し」製作委員会の画像

橋本環奈主演、映画『カラダ探し』(10月14日公開)ティザービジュアル(C)2022「カラダ探し」製作委員会

 俳優の橋本環奈が主演する、超刺激的ループ型ホラー映画『カラダ探し』の公開日が10月14日に決定し、あわせて血しぶきが広がった床で橋本のほか、5人の死体が転がっている――インパクト抜群のティザービジュアルが解禁となった。

【画像】怖い!! 『カラダ探し』のロゴや原作コミックス

 本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気を博した携帯小説が原作。2014年に村瀬克俊による漫画版が漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」(集英社)で連載され、同サービスで累計閲覧数1億回を初めて突破した人気作品となり、10代・20代男女の心をわし掴みにした。

 実写映画化にあたっては、「IT/イット」シリーズや「死霊館」シリーズ、『シャイニング』などのホラー映画の世界的名作を多く生み出してきたワーナー・ブラザースが手を挙げ、主人公の女子高生・明日香役に橋本を迎えた。

 物語は、主人公の明日香が、ある日学校にいるはずのない幼い少女から「ワタシのカラダ、探して」と不気味な言葉をかけられたことから始まる。その日深夜0時を迎えた瞬間、気付くと明日香はクラスメイト5人とともに深夜の学校に。その後突如全身が血で染まった少女”赤い人”が現れ、全員を次々に殺していく…。そしてその日から、6人は同じ日を繰り返すこととなるのだった。明日を迎える唯一の方法は、校内に隠された、とある少女のバラバラにされた”カラダ”をすべて見つけ出すことだった。

 解禁となったティザービジュアルの真ん中に、死体に囲まれ、全身から血が滴(したた)る不気味な姿で立っているのが、6人を毎日追い詰め殺していく”赤い人”。校内に隠された”カラダ”を全て見つけなければ、永遠に終わらないループの中で”赤い人”に殺され続ける6人だが、一体どのような殺され方をするのか!?

 真っ赤に染まったおぞましい姿から、6人の身に起こる凄惨(せいさん)な運命を予感させる。まだキャストが発表されていない明日香のクラスメイトも、今回初めてその5人の姿が解禁となったが、うつ伏せ状態で顔はわからないまま。明日香とともに”赤い人”に挑むクラスメイトそれぞれを誰が演じているのか、SNSでも予想合戦が繰り広げられそうだ。なお、今月24日には特報映像ほか新情報が解禁予定となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ