プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

江口のりこ&高橋文哉『悪女(わる)』クランクアップ「終わるのはとてもさみしい」

『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』クランクアップを迎えた高橋文哉(右)(C)日本テレビの画像

『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』クランクアップを迎えた高橋文哉(右)(C)日本テレビ

 俳優の今田美桜が主演する、日本テレビ系連続ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(毎週水曜 後10:00)。あす15日に最終回を迎えるが、一足先に一足先に峰岸雪役の江口のりこと山瀬修役の高橋文哉がクランクアップを迎えた。

【写真】クランクアップを迎え寂しさをのぞかせた江口のりこと花を渡した今田美桜

 1997年まで『BE・LOVE』(講談社)で連載されていた深見じゅん氏原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化。やる気と根性は人一倍、けれどマイペースすぎて組織からはみ出しがちな田中麻理鈴(今田)が、会社の最下層から駆け上がっていく出世エンターテインメントとなっている。

 峰岸雪の最後のシーンは、オウミ本社での麻理鈴(今田)との2人だけのシーンとなった。今田から花束を受け取った江口は「終わるのはとてもさみしいですが、仕事を続けていればまたどこかでお会いできると思います。またどこかでお会いできればと。美桜ちゃんと一緒に仕事ができてとても良かったです。お疲れ様でした」と感謝。

 高橋は、同日に都内でクランクアップを迎えた。今田から花束を受け取ると「お掃除探偵から始まって、入社してからは頻繁に皆さんにお会いできるようになって、毎日楽しく撮影させて頂きました。最高の環境で山瀬修を演じさせて頂きました。明るい現場、スタッフの皆さん、今田さん、皆さんが本当に大好きでした」と呼びかけていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ