プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

是枝裕和、子役演出に定評も『ベイビー・ブローカー』は「本当に大変でした…」 3時間爆睡時にしっとりシーン撮影

苦労した撮影エピソードを明かした是枝裕和監督 (C)ORICON NewS inc.の画像

苦労した撮影エピソードを明かした是枝裕和監督 (C)ORICON NewS inc.

 5月に開催された「第75回カンヌ国際映画祭」で主演のソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞し、独立賞のエキュメニカル審査員賞を受賞した映画『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)の是枝裕和監督(60)が13日、都内で凱旋記者会見を行った。

【動画】帰国後そのまま会見へ!『ベイビー・ブローカー』主演ソン・ガンホとの撮影を振り返った是枝裕和監督

 是枝監督作品のコンペティション部門への出品は、パルムドールを受賞した2018年『万引き家族』以来4年ぶり、6回目(出品自体は、8回目)となったが、今回の『ベイビー・ブローカー』は、韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した是枝監督初の韓国映画としての出品であったことに世界的な注目が集まっていた。

 惜しくもパルムドールは逃したが、ソンが韓国人俳優として初の最優秀男優賞を受賞する快挙も達成した。是枝監督作品で最優秀男優賞を受賞するのは、2004年『誰も知らない』で柳楽優弥が受賞して以来、2人目。

 子役の演出では右に出る者がいないほどの腕を持つ是枝監督。だた、本作では苦労したという。「映画の中に残っているものは最高だと思います」と力強く語るが、それ意外の部分に関しては「本当に大変でした…」と本音がぽろり。

 「映画の現場が楽しくて仕方がなかった。それではしゃいじゃってテンションが上がって止まらなくなる。本番直前まで、ずっと騒いでいる」と苦笑いで回想。大変な撮影になると覚悟を決めたが「カン・ドンウォンが面倒を見てくれるようになった。みんな静かにしたい気分だな、という時にはドンウォンが連れて遊びにいってくれた。彼は面倒見がいい」と感謝。「どんなにはしゃいでいても怒ったりはしないけど、今回は本当に大変だったな…」とつぶやいた。

 こんな撮影秘話も披露。「モーテルのシーンでカン・ドンウォンとイ・ジウンさんが赤ちゃんにミルクをあげながらしっとりとやり取りをするシーンがある。あのシーンで彼はベッドで寝てるんですけど、あれは本当に寝てるんですよ。はしゃぎすぎて…。ここではしゃがれるとシーンが成立しないという状況だったんですけど、暗くしておけば寝るぞ、と。少し暗くしてまったら本当に寝てくれて。あのシーンを撮り切るまで3時間ぐらい熟睡していた」と裏話を語り、最後は「あそこは楽でした」と笑っていた。

 映画『ベイビー・ブローカー』は、“赤ちゃんポスト”をきっかけに出会った、赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮しようと静かに追いかける刑事――彼らが絡み合いながら繰り広げる、一風変わった旅路を描く。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ