プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

是枝裕和『ベイビー・ブローカー』の韓国の反響明かす ソン・ガンホ『カンヌ』主演男優賞は「オリンピックの金メダル以上」

韓国の反響を明かした是枝裕和監督 (C)ORICON NewS inc.の画像

韓国の反響を明かした是枝裕和監督 (C)ORICON NewS inc.

 5月に開催された「第75回カンヌ国際映画祭」で主演のソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞し、独立賞のエキュメニカル審査員賞を受賞した映画『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)の是枝裕和監督(60)が13日、都内で凱旋記者会見を行った。

【動画】帰国後そのまま会見へ!『ベイビー・ブローカー』主演ソン・ガンホとの撮影を振り返った是枝裕和監督

 是枝監督作品のコンペティション部門への出品は、パルムドールを受賞した2018年『万引き家族』以来4年ぶり、6回目(出品自体は、8回目)となったが、今回の『ベイビー・ブローカー』は、韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した是枝監督初の韓国映画としての出品であったことに世界的な注目が集まっていた。

 惜しくもパルムドールは逃したが、ソンが韓国人俳優として初の最優秀男優賞を受賞する快挙も達成した。是枝監督作品で最優秀男優賞を受賞するのは、2004年『誰も知らない』で柳楽優弥が受賞して以来、2人目。

 是枝監督は「ソン・ガンホさんの名前が呼ばれた時に『なるほど。これが、この作品にとっては最高のゴールなんだな』と名前を呼ばれた瞬間に気づきました」と述懐。その夜にお祝いも行ったそうで、「みんな幸せな夜でした(笑)。役者が褒められるのが1番うれしいんですよね。柳楽くんがもらった時は、柳楽くんがもう日本に帰っていて僕だけしかいなかった。受賞した役者さんと、あの場所で抱き合って、称え合ってというのは初めて。ちょっと特別な夜になりました」と幸せそうな表情を見せた。

 カンヌから韓国を経て、ようやく日本に帰国。日本より一足先に先週、公開された『ベイビー・ブローカー』は初登場1位というロケットスタートとなった。韓国での反響を問われた是枝監督は「僕は27年前に単館から初めた監督。今回、1600スクリーンと聞いて『大丈夫なのかな?』が正直なところ」と本音を打ち明けた。

 空港では熱烈な歓迎も受けた。「空港が揺れてました。職員の人が職場を離れてついてきちゃう。『大丈夫なのかな?』と思うぐらい」と笑わせる。出口では、一般のファンも多く駆けつけ「国民的スターがカンヌの映画祭で韓国人初の男優賞というのは、オリンピックの金メダル以上なんだなと感じました」と反響に驚いていた。

 映画『ベイビー・ブローカー』は、“赤ちゃんポスト”をきっかけに出会った、赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮しようと静かに追いかける刑事――彼らが絡み合いながら繰り広げる、一風変わった旅路を描く。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ