プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画動員ランキング:『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』初登場1位 『からかい上手の高木さん』が6位

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』(公開中)(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会の画像

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』(公開中)(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

 最新の全国映画動員ランキングトップ10(6月11日・12日、興行通信社調べ)が発表され、『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が土日2日間で動員49万8000人、興収6億7000万円をあげ初登場1位を獲得した。いわずと知れた鳥山明氏による人気漫画を原作に、2015年から放送されたテレビアニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』の映画化第2弾。声の出演は野沢雅子、古川登志夫らおなじみのメンバーに加え入野自由、神谷浩史、宮野真守らが参戦。監督は前作『ドラゴンボール超 ブロリー』で3Dパートの制作に携わった児玉徹郎が務めている。

【画像】2位以下にランクインした作品ビジュアル

 2位は、『トップガン マーヴェリック』。土日2日間で動員41万8000人、興収6億6900万円をあげた。累計では動員283万人、興収43億円を突破した。

 3位は、土日2日間で動員12万6000人、興収2億300万円をあげた『シン・ウルトラマン』。累計では動員239万人、興収35億円を突破している。

 新作では6位に『劇場版 からかい上手の高木さん』がランクイン。21年に「第66回小学館漫画賞(少年向け部門)」を受賞し、シリーズ累計発行部数1100万部を突破する人気漫画を原作に、18年から3期にわたって放送されたテレビアニメの劇場版。原作者・山本崇一朗監修の下、赤城博昭監督をはじめTVシリーズと同じスタッフ陣が終結。声の出演は高橋李依、梶裕貴、小原好美ほか。

 既存作品では、5位の『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』が、累計成績で動員630万人、興収87億円を突破。9位の『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』は、動員161万人、興収19億円を突破した。

 高橋秀実氏(※高=はしごだか)による同名エッセーを、「舟を編む」で第37回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作の脚本・監督、長谷川博己と綾瀬はるかの映画初共演で実写映画化した『はい、泳げません』は惜しくも圏外(11位)のスタートとなった。

■全国映画動員ランキングトップ10(6月11日・12日)
1(NEW)『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』(公開週1)
2(1↓)トップガン マーヴェリック(3)
3(2↓)シン・ウルトラマン(5)
4(4→)映画 五等分の花嫁(4)
5(5→)名探偵コナン ハロウィンの花嫁(9)
6(NEW)劇場版 からかい上手の高木さん(1)
7(3↓)機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(2)
8(6↓)極主夫道 ザ・シネマ(2)
9(7↓)映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(8)
10(8↓)死刑にいたる病(6)
※11(NEW)はい、泳げません(1)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ