プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

是枝裕和監督、ソン・ガンホの『カンヌ』最優秀男優賞に感慨「役者が褒められるのが1番うれしい」

『カンヌ』男優賞に感慨を受けたと明かした是枝裕和監督 (C)ORICON NewS inc.の画像

『カンヌ』男優賞に感慨を受けたと明かした是枝裕和監督 (C)ORICON NewS inc.

 5月に開催された「第75回カンヌ国際映画祭」で主演のソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞し、独立賞のエキュメニカル審査員賞を受賞した映画『ベイビー・ブローカー』(24日公開)の是枝裕和監督(60)が13日、都内で凱旋記者会見を行った。

【動画】帰国後そのまま会見へ!『ベイビー・ブローカー』主演ソン・ガンホとの撮影を振り返った是枝裕和監督

 是枝監督作品のコンペティション部門への出品は、パルムドールを受賞した2018年『万引き家族』以来4年ぶり、6回目(出品自体は8回目)となったが、今回の『ベイビー・ブローカー』は、韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した是枝監督初の韓国映画としての出品であり、世界的な注目が集まっていた。

 惜しくもパルムドールは逃したが、ソン・ガンホが韓国人俳優として初の最優秀男優賞を受賞する快挙も達成した。是枝監督作品で最優秀男優賞を受賞するのは、2004年『誰も知らない』で柳楽優弥が受賞して以来、2人目。

 是枝監督は「ソン・ガンホさんの名前が呼ばれた時に『なるほど。これが、この作品にとっては最高のゴールなんだな』と気づきました」と述懐。その夜にお祝いに行き「みんな幸せな夜でした(笑)。役者が褒められるのが1番うれしいんですよね。柳楽くんがもらった時は、柳楽くんがもう日本に帰っていて僕だけしかいなかった。受賞した役者さんと、あの場所で抱き合って、称え合ってというのは初めて。ちょっと特別な夜になりました」と幸せそうな表情を見せた。

 『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督からは「不安はあると思うけど、ソン・ガンホが現場にいたら全てはソン・ガンホのペースで進んでいくから何も心配はいらない」とアドバイスをもらっていた。是枝監督は「その通りでした。予定より30分や1時間早く来て、『きのう監督がつないだものがあるなら見せてくれ』とヘッドホンをつけて自分のお芝居だけじゃなく、つないだものを全部見た。その上でお昼休みに、基本は全部褒めてくれるんですけど『素晴らしい。最高だったけど僕のせりふのあそこだけは、もしかすると今使っているテイクじゃなくて、2つぐらい前にいいのがあった。もう1度比べてみてくれ。最終的な判断は監督に任せるけど』というのを毎日やってくれた」と撮影を思い返す。

 ソン・ガンホの行動は非常に助かったそう。言語の壁がある是枝監督のための行動かと思いきや「意外とどこの現場でもやってると言っていた」と笑う。「自分のお芝居の基準が、かなり高い。それをクランクアップまで続けてくれた。本当に頼りになりました」と感謝の言葉を並べていた。

 映画『ベイビー・ブローカー』は、“赤ちゃんポスト”をきっかけに出会った、赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮しようと静かに追いかける刑事――彼らが絡み合いながら繰り広げる、一風変わった旅路を描く。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ