プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

キンプリ神宮寺勇太“ジョー”をめぐる三角関係に急展開 『受付のジョー』第8話あらすじ

『受付のジョー』第8話に出演するKing & Princeの神宮寺勇太、松井愛莉 (C)NTV・J Stormの画像

『受付のジョー』第8話に出演するKing & Princeの神宮寺勇太、松井愛莉 (C)NTV・J Storm

 人気グループ・King & Princeの神宮寺勇太が主演する、日本テレビ・シンドラ『受付のジョー』(毎週月曜 深0:59)。このほど13日放送の第8話場面カットとあらすじが公開された。

【写真】トリンドル玲奈演じるカレンが新たな受付チーフに

 今作は、神宮寺が演じる営業マンの“ジョー”城拓海が“受付”の世界に飛び込むことになり、仕事に恋に、悪戦苦闘しながらもホスピタリティを身につけ、成長していく姿を描くお仕事ドラマ。

■8話あらすじ

熊本(美山加恋)も仲間に加わり、シェアオフィスの運営がついに始まった受付フロア。さまざまな人がシェアオフィスを利用し始め、受付フロアの雰囲気は大きく変わってカラフルに。城(神宮寺勇太)は今後も受付を有人にすることを藤堂(橋本じゅん)に報告し、許可をもらうための中間報告をすることになる。そのために「受付スタッフの意味と意義」を盛り込んだ資料作成を進める城。

そんな中、ともにシェアオフィスの運営をする中で仁子(田辺桃子)の城への想いはつのるばかり。仕事の休憩時間に2人で話す、そんなひと時にも幸せを感じる仁子。

一方、仁子の気持ちに全く気がついていない城は憧れの春口(松井愛莉)にデートに誘われ浮かれモード。そして迎えた念願の初デート。商店街で食べ歩きをして2人は楽しい時間を過ごすが、城の話は受付や受付嬢たちのことばかり。そのことに寂しさを覚えた春口は…。

そして迎えた藤堂への中間報告当日。軌道修正したプランを携え、受付の人員の必要性を訴える城だが、藤堂に「受付のDXは必然で、くつがえすことはできない」と一蹴されてしまう。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ