プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

木村佳乃、恐竜の“食用転用”を大胆提案「たまに食べたり…」 恐竜くんのわかりやすい解説に驚き

恐竜の食用転用を提案した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.の画像

恐竜の食用転用を提案した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の玉木宏、木村佳乃、伊藤沙莉、満島真之介、ピン芸人のこがけんが13日、都内で行われた映画「ジュラシック」シリーズ最新作にして完結編となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(7月29日公開)の緊急シンポジウムに参加した。

【動画】木村佳乃から声を絶賛され照れる伊藤沙莉

 この日は、吹き替えキャストが、恐竜くん&こがけんから恐竜について教えてもらうという“シンポジウム”。テーマは“恐竜との共存”で、木村は恐竜くんに「恐竜と共存する道を探すにおいて、調教できたり、乗れたり、たまに食べたり…。馬みたいになる可能性はあるんですかね」と“食用転用”も視野に入れながら質問した。

 恐竜くんは「可能性としては十分にある。鳥は、恐竜の生き残りで厳密に言えば絶滅していないのが定説。映画でおなじみのラプトルも、鳥にスゴく近い。脳の作りや習性は近い。鳥は人間のパートナーとして癒やしてもくれるし、食用にもなる。馬ほど乗り心地はよくないですが、ダチョウには乗れてレースもあったりする」と説明。「比較的鳥に近くて、そこまで体が大きくない、知能が高い種類の恐竜は、時間をかけて敬意を持って接すれば、信頼関係が築けると思う」とまとめ、木村は「そうすると道が拓けそう」と納得していた。

 さらに木村は「コモドドラゴンは恐竜ですか?」と矢継ぎ早に質問。恐竜くんは「コモドドラゴンはオオトカゲ。意外に聞こえるかもしれませんが、トカゲって恐竜と近くないんです」とにっこり。続けて「ティラノサウルスって、コモドドラゴンとスズメのどちらが近いかと言われたら、スズメの方がはるかに近い。飛ばなくて、ものスゴく大きいのが恐竜だと思っていただければ」と恐竜くんが例をあげながら解説すると、木村は「え~! 意外!」とバツグンのリアクション。木村は「勉強になりました! ありがとうございます!」と感謝し、そんな光景を見たこがけんは「NHKの教育番組みたい」と思わずツッコんでいた。

 巨匠、スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこみ、誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』、そして『ジュラシック・ワールド』シリーズ。本作は、そのフィナーレとなる作品となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ