プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

伊藤沙莉、満島真之介からの無茶ぶりに苦笑い トラウマエピソードで大慌て「思い出させちゃった!」

(左から)満島真之介の無茶ぶりに苦笑いした伊藤沙莉 (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)満島真之介の無茶ぶりに苦笑いした伊藤沙莉 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の玉木宏、木村佳乃、伊藤沙莉、満島真之介、ピン芸人のこがけんが13日、都内で行われた映画「ジュラシック」シリーズ最新作にして完結編となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(7月29日公開)の緊急シンポジウムに参加した。

【動画】木村佳乃から声を絶賛され照れる伊藤沙莉

 満島は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から登場するフランクリン・ウェッブ役の、伊藤は新キャラクターで、主人公オーウェンやクレアたちと行動を共にして物語を大きく動かすケイラ役の吹き替えキャストを務める。

 フランクリンのアフレコが、わずか15分で終了したという満島は「沙莉です。僕のことはいいです。新しいキャストの」とむちゃブリしながら、伊藤へ話題をパス。伊藤は「(シリーズへの参加は)スゴくうれしかったですし、間に合ってよかった。フィナーレに参加させていただけてうれしかった」と苦笑いしながらも喜びを語っていた。

 2人は『全裸監督』でも共演している。伊藤が「『全裸監督』でハワイにロケに行ったときに『ジュラシック・ワールド』を撮っていた草原があった」とエピソードを披露すると、満島は「俺だけハワイに行ってないのよ…。1人だけ。みんな楽しそうにしていた」と寂しそうな表情に。大慌ての伊藤は「ごめんなさい! 思い出させちゃった!」と話し、満島は「みんな帰ってきて、撮影で楽しそうなお土産話と、よくあるチョコレートをもらった。『俺への愛はコレなんだ』と思った」とボヤき、会場は笑いに包まれていた。

 巨匠、スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこみ、誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』、そして『ジュラシック・ワールド』シリーズ。本作は、そのフィナーレとなる作品となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ