プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松山ケンイチ「Lです」にファン歓喜 『DEATH NOTE』意識か、ローソン動画が話題「やりやがった!」「これ以上ない配役」

”Lポーズ”を披露した松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.の画像

”Lポーズ”を披露した松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.

 俳優の松山ケンイチが13日、都内で行われたローソン新プロジェクト『ハピろー!』発表会に登場した。実写映画『DEATH NOTE』(デスノート 2006年)でL役を務めた松山は、ローソンの新CMキャラクターに就任し、公式ツイッターにて公開中の動画で「ローソンのLです」とLポーズを決めながら言うセリフに、ネット上では「ローソンさん、わかってる~(笑)」「ローソンのCMで松山ケンイチ出してLですって言わせるの草生える」「デスノート意識しただろ! これ」「このCMはじめてみたときデスノートのLがLってやってるって思った」などと話題になっている。

【動画】デスノート意識?「Lです」松山ケンイチ出演のローソン動画

 今回のCMは、2025年の創立50周年に向けてローソンが目指すビジョン、「新・マチの“ほっと”ステーション」を実現するためのプロジェクト「ハピろー!(ハッピー・ローソン・プロジェクト!)」の一環で制作されたもの。本CMは14日より公開されるが、ローソンの公式ツイッターでは告知動画が公開されている。

 新CMキャラクターとして新店長役を務める松山は、公開中の動画にて「ローソン新店長の松山ケンイチです! ローソンでハピろー!」と元気にあいさつ。そして、「ローソンのLです」とローソンの“L”ポーズを披露した。

 松山と言えば実写映画『DEATH NOTE』(2006年)でL役を務め注目を集め、Lのセリフにも自己紹介の場面で「Lです」とある。今回のCMはこれを意識したかどうかは不明だが、『DEATH NOTE』でL役を務めた松山に、ローソン店長として「Lです」と言わせたことに対し、ネット上では「ローソン、やりやがった!」「これ以上ない配役」「令和に復活した、私はLです」「松山Lにスイーツの新商品を企画してほしい」「L復活でうれしい」などの声があがっている。

 なお、この日、行われた発表会で松山は、今後3年以内にやりたいことを聞かれると「新商品開発です!」ときっぱり。「目標としては、店長として売り上げを日本全国の上位5位以内に入ったのち、本社の商品企画部に異動し、新商品の開発に携わりたいです。企画していきたい。具体的には、僕の祖母のニンニク味噌の商品化から始められたら!」と提案した。『DEATH NOTE』L役を務めた松山による商品企画も実現するかもしれない。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ