プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小栗旬、“役として生きる”ことでリアルを追求「進化し続けられる自分でいたい」

リアルを追求するために大切にしていることを語った小栗旬 (C)ORICON NewS inc.の画像

リアルを追求するために大切にしていることを語った小栗旬 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の小栗旬が13日、都内で行われた『レグザ』新CM発表会に登場。現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主演を務めている小栗が、役を演じる上でリアルを追求するために大切にしていることを語った。

【動画】予想外の質問にタジタジ!?3年前と比べて進化したところを明かした小栗旬

 昨年からブランドキャラクターを務める小栗が、24日より放映開始の新CM『レグザの化身篇』に出演。小栗が新生レグザの化身として登場し、「人間は何がリアルと感じるか」という問いに対する答えを視覚的に描き出すという内容となっている。

 CMの内容にちなみ、役を演じる上で人物像のリアルさをどう作っているのかについて聞かれた小栗は「僕らの仕事でリアルっていうものを出すというのは、非常に難しい」とした上で、「どこまでがリアルなのかっていうのはわからないけど、役として生きるっていうことは大切にしている」と明かす。

 また同商品が3年ぶりに刷新されたことについて、小栗は「(自分が)3年前と比べて進化したことほとんどないですけどね(笑)」と言いながらも、「なるべく退化しないように、これから進化し続けられる自分でいたい」と気持ちを新たにしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ