プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『マイファミリー』唯一?悲劇のラスト「東堂が救われない」「心春ちゃんはもう…」

日曜劇場『マイファミリー』の場面カット(C)TBSの画像

日曜劇場『マイファミリー』の場面カット(C)TBS

 嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)の最終回が、12日に放送された。

【写真】悲しいラスト…東堂と再会した妻・亜希だが…

 人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていく。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。

※以下、ネタバレあり。
 未知留(多部未華子)が誘拐された。犯人は温人(二宮和也)に、逃走中の東堂(濱田岳)と未知留の交換を要求。温人は犯人を暴いてほしいと葛城(玉木宏)に頼み、自身は未知留を救うため、三輪(賀来賢人)とともに東堂への連絡を試みる。果たして、どんな結末を迎えるのだろうか?

ついに連続誘拐事件が完結する。果たして犯人は誰なのか?一体なぜ誘拐をしたのか? 家族が迎える未来は果たして…という最終回のストーリーだった。

 誘拐された未知留を巡って、温人と真犯人の“最後の取引”が行われた。それと同時に葛城は疑惑の目を警察内部に向けていた。そして遂に真犯人が、捜査一課長・吉乃栄太郎だったことが明らかとなり、吉乃が東堂と未知留に危害を加える寸前で温人が駆けつける。最後は、吉乃が警察に逮捕される劇的ラストを迎えた。

 事件の発端は、吉乃と東堂の妻・亜希との不倫だった。それに気付いた東堂の娘・心春は、吉乃に狂言誘拐を持ち掛けるが、証拠をもみ消そうとした心春を階段から突き落としてしまう…。その後、吉乃は報道協定を利用した誘拐事件を計画し、事件の風化を図っていた。

 最終回ラストでは、未知留が第2子を出産するなど、鳴沢家を中心にハッピーエンドが描かれた。一方で東堂は、妻・亜希と再会を果たしたもの、心春が帰ってくることはなかった。ネット上では「東堂が救われない」「振り回された東堂が可哀想すぎる」「心春ちゃんはもう…」「悲しすぎる」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ