プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

SixTONES高地優吾、北海道焼肉を食べて「最高地!」 錦鯉はタカトシとの『M-1』感動秘話を明かす

13日放送『帰れマンデー見っけ隊!!』より(C)テレビ朝日の画像

13日放送『帰れマンデー見っけ隊!!』より(C)テレビ朝日

 人気グループ・SixTONESの高地優吾(※高=はしごだか)が、13日放送のテレビ朝日系バラエティー番組『帰れマンデー見っけ隊!!』(毎週月曜 後 7:00)に登場。タカアンドトシ、原田雅彦、早見あかり、錦鯉とともに焼き肉探し旅に参戦する。

【画像】SixTONESも!歴代パーソナリティが集結したスタンプが登場

 秘境の地で焼肉屋さんを探す旅「肉歩き」の舞台は、原田、錦鯉・長谷川雅紀、そしてタカアンドトシの出身地である北海道。洞爺湖をスタートして、北海道ナンバーワンの温泉地、登別の絶景温泉と透明度全国トップクラスと言われるコバルトブルーに輝く秘境の湖・倶多楽湖(くったらこ)を目指す。「帰ってまいりました、北海道!」とトシが言うと、続いて長谷川も「ただいまー!」と叫び、テンション高くスタートする。

 最初に降り立ったバス停は、山に囲まれた大自然の中。唯一見つけた牧場で聞き込み、焼肉店の情報をゲットするも、かなり距離があるようで、話題は「北海道あるある」に。北海道ならではの驚きの“あるある”に高地は「北海道トーク楽しいですね!」と大興奮する。

 また早見と高地は、スキージャンプ界のレジェンド・原田の現役時代を知らないということが判明。原田の功績を振り返り、そのスゴさを初めて知った高地は、それまでの道中、あだ名のように「総監督!」と原田を呼んでいたことを反省し、「すみませんでした! 軽々しく『監督』とか呼んで」と謝罪。

 さらに、原田から総監督として参加した北京オリンピックの思い出話や、監督だからこそ撮影できたという超貴重な写真も登場し、あらためてすごさを感じた一同は拍手をするほど感動しきり。

 道中ではほかにも、札幌NSCの同期で26年来の仲というタカアンドトシと長谷川のほっこりする思い出エピソードや、錦鯉が『M-1グランプリ』で優勝した時のタカアンドトシからの感動のメッセージ秘話も明かされる。

 大スケールの北海道を延々と歩く過酷な旅を強いられる一同だが、たどり着いた北海道ならではの焼肉に、原田は「北海道で良かった!」、高地は「最高地!」と大喜びしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ