プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

板尾創路&LiLiCo“夫婦”の思い出トーク「生まれたのが川平慈英さん」 まさかの秘話に会場に笑い

国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』上映イベントに出席した板尾創路 (C)ORICON NewS inc.の画像

国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』上映イベントに出席した板尾創路 (C)ORICON NewS inc.

 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』(SSFF&ASIA)で、ショートフィルム文化の発展、表現の可能性に挑戦した作品・人物に贈る映画祭特別賞を「LINE NEWS」の縦型ドラマ『上下関係』が受賞。柿本ケンサク監督、俳優の河合優実、板尾創路が12日、都内で行われた記念の上映イベントに出席した。

【写真】イベントにはLiLiCo、柿本ケンサク監督、河合優実も出席

 特別賞を受賞した縦型ドラマ『上下関係』は、LINEが運営するスマートフォン向けのニュースサービス「LINE NEWS」の動画プロジェクト「VISION」シリーズの作品。2021年に配信が開始され、配信開始から史上最速で300万回視聴を突破した縦型でしか描けない新感覚のミステリードラマとなっている。イベントの前半では『上下関係』のフルバージョン(105分)を初披露。スマートフォンの世界から飛び出し、縦型映像を大画面で上映された。

 イベントの後半では、柿本監督、河合、板尾、そしてナビゲーターとしてLiLiCoが登場し、トークイベントを行った。板尾の演技が大好きというLiLiCoは「私たち、実は1度夫婦を…」と『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』(2016年)とにっこり。ただ「お会いしてないんです(笑)。写真と私だけ。私たちが夫婦で生まれたのが川平慈英さんという(笑)。なんか納得できますよね。私と板尾さんから川平慈英さん」とLiLiCoは振り返り、会場は爆笑だった。

 最後に板尾は今後やりたい役について「1番やりたいのは、もう1度LiLiCoさんの旦那役。ちゃんと絡むシーンのある」とにやり。LiLiCoも「縦型ならハグとか…」と同調すると、板尾は「ぜひ、柿本監督に…」とちらり。柿本は「ぜひ。よろしくお願いします」と笑顔で応じていた。

 また、仕事の都合でデンマークにいた窪塚洋介もビデオメッセージを届けていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ