プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

板尾創路、芸人界の上下関係を語る「1時間でも早く入った人が先輩」 “後輩のオッサン”との向き合い方

国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』上映イベントに出席した板尾創路 (C)ORICON NewS inc.の画像

国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』上映イベントに出席した板尾創路 (C)ORICON NewS inc.

 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』(SSFF&ASIA)で、ショートフィルム文化の発展、表現の可能性に挑戦した作品・人物に贈る映画祭特別賞を「LINE NEWS」の縦型ドラマ『上下関係』が受賞。柿本ケンサク監督、俳優の河合優実、板尾創路が12日、都内で行われた記念の上映イベントに出席した。

【写真】イベントにはLiLiCo、柿本ケンサク監督、河合優実も出席

 特別賞を受賞した縦型ドラマ『上下関係』は、LINEが運営するスマートフォン向けのニュースサービス「LINE NEWS」の動画プロジェクト「VISION」シリーズの作品。2021年に配信が開始され、配信開始から史上最速で300万回視聴を突破した縦型でしか描けない新感覚のミステリードラマとなっている。イベントの前半では『上下関係』のフルバージョン(105分)を初披露。スマートフォンの世界から飛び出し、縦型映像を大画面で上映された。

 イベントの後半では、柿本監督、河合、板尾、そしてナビゲーターとしてLiLiCoが登場し、トークイベントを行った。“上下関係”が厳しいことで知られる吉本興業に所属する板尾は「お笑いの世界は1日でも、1時間でも早く入った人が先輩」とする。「年下の人が上にいっぱいいたイメージがある(笑)。そういう中で若い時を過ごした」と懐かしむ。

 「僕の方が年上で、年下の先輩だけど、敬語や気を使うというのをやってきた。変な上下関係の世界にいたなって改めて思いますね」としみじみ。もちろん逆のパターンも。「スゴい年上なのに、スゴい後輩のオッサンもおった。シチュエーションで関係を変える。仕事以外では敬う、現場では上からみたいな使い分けをしていた」と明かし「異常な世界です。でも、そういう中で面白いものが生まれるんでしょうね」とお笑い界ならではの上下関係について口にしていた。

 また、仕事の都合でデンマークにいた窪塚洋介もビデオメッセージを届けていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ