プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『仮面ライダーBLACK SUN』Prime Videoで配信決定 キービジュアルも完成 “光太郎”西島秀俊と“信彦”中村倫也が問う悪

『仮面ライダーBLACK SUN』キービジュアル(C)石森プロ・東映 (C)「仮面ライダーBLACK SUN」PROJECTの画像

『仮面ライダーBLACK SUN』キービジュアル(C)石森プロ・東映 (C)「仮面ライダーBLACK SUN」PROJECT

 1987年から放送され人気を博した『仮面ライダーBLACK』が、白石和彌監督のもと、主演に西島秀俊、中村倫也を迎え、新たに『仮面ライダーBLACK SUN』としてリブートし、2022年秋から配信される。本作の配信プラットフォームが「PrimeVideo」となり、200以上の国・地域にて一挙世界独占配信されることが決まった。また、『仮面ライダーBLACK』でシャドームーンの初登場回でもある、きょう6月12日にキービジュアルと特報映像が公開された。

【動画】『仮面ライダーBLACK SUN』特報 “南光太郎”西島秀俊&“信彦”中村倫也が「変身」

 キービジュアルでは、本作の重要なテーマでもある「悪とは、何だ。悪とは、誰だ。」というコピーとともにダークな雰囲気の中で力強い眼差しを向ける光太郎(西島)と信彦(中村)、さらに「仮面ライダーBLACK SUN」と「仮面ライダーSHADOWMOON」が描写されている。また特報映像では、これまでの仮面ライダーシリーズにない重々しい雰囲気が感じられる。

 さらに、新たにスタッフ情報が公開。音楽プロデューサーを「BiSH」をはじめ幅広く楽曲プロデュースなどを手がける松隈ケンタ氏が務め、『ストパラダイス・イン・トーキョー』以来、最新作『死刑にいたる病』まで数多くの白石監督作品に携わってきた今村力氏が美術監督を担当する。また『キングダム』や『今際の国のアリス』で特殊メイクを手掛けた藤原カクセイ氏が造型を、さらに『宮本から君へ』、『竜とそばかすの姫』などの劇中衣装を手がけてきた伊賀大介氏がスタイリストを務める。。

 また、白石監督や西島、中村のサイン入りビジュアルが当たるツイッターキャンペーンを開催。今回の情報解禁に合わせて、『仮面ライダーBLACK SUN』公式ツイッターでフォロー&RTキャンペーンが行われる。

■スタッフ陣コメント
【松隈ケンタ】
 僕がリアルタイムでみた唯一のライダーが“仮面ライダーBLACK”した。白石監督によるリブートが制作されるという報道をみて「これは、とんでもない作品になるぞ!」とワクククしていたところ監督から連絡をいただき、光栄すぎて感激しました。仮面ライダー50年の歴史と、白石監督をはじめキャストやスタッフの皆さんによる重厚な世界観がひしめき合う最高な作品です。期待してください、ジャスティス!

【今泉力】
 監督より『孤狼の血LEVEL2』の撮影中に打診あり。「面白そうかな? …やります!」と答える。50年の前、仮面ライダーが誕生した当時東映にいた。厳しい労使対決の闘いの最中だった。いろいろと振り返ると念が生ずる。映画はリアリズムだ。ずっとそのように取り組んできた。いや、一つ『里見八犬伝』(1983年)は創作の世界だった。それ以来のチャンスと心ははずんだ。ブラックサンの誕生!! 極めて難産だった。悪は滅び、善も滅ぶ。混沌の中に人は生く。それに抗う人々の魂をくみ取ってもらえればと。

【藤原カクセイ】
 現在も世界中で、テレビサイズを飛び越えたいライダーファンが生まれています。石ノ森先生自らが原点に立ち返った『仮面ライダーBLACK』。これまでの仮面ライダーではかなわなかった事、できない事。30数年経って、いつかはと想いを秘めて、今回の白石監督からの指名と、大幹部の皆様のご理解をいただき新しくこの世に具現化させていただきました。白石ワールドの中での“黒き怒りの戦士”は皆さんにどう映るでしょうか。

【伊賀大介】
 1987年、10歳の時テレビの前で手に汗を握って観ていた作品のリブートに関わることができて、とても光栄です。敬愛する白石監督との初仕事でしたし、しっかりと時流を捉えた脚本があったので、衣装には自分なりのリアリズムと、ヒーローに対する情熱を込めました。かつて日本中の少年少女たちに、真のヒーローは「明るく楽しい」だけでなく、自己の実存に対する苦悩や、闘いの虚しさなどを教えてくれたのが仮面ライダーシリーズだと思っています。果たして、今回の『仮面ライダーBLACK SUN』が何を伝えようとしているのか、配信開始までしばしお待ちください。僕もスタッフながらとても楽しみにしています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ