プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

満島真之介、クランクアップで間宮祥太朗と涙の抱擁 『ナンバMG5』“家族”との出会いは「奇跡」

ドラマ『ナンバMG5』をクランクアップした満島真之介(C)フジテレビの画像

ドラマ『ナンバMG5』をクランクアップした満島真之介(C)フジテレビ

 俳優・満島真之介が、フジテレビ系水10ドラマ『ナンバMG5』のクランクアップを迎えた。ど派手な難破家の長男・猛役を演じきり、「今まで自分の家族にも見せたことがない姿」と言うほど涙あふれる撮了となり、主演の間宮祥太朗と男同士の抱擁を交わした。

【写真】間宮祥太朗ら“子どもたち”のお祝いに笑顔!宇梶剛士&鈴木紗理奈

 同作は、小沢としお氏の『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)をドラマ化。筋金入りのヤンキー一家・難破家の次男・難破剛(間宮)が「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという高校“逆”デビュー物語を描いてきた。

 満島が演じた猛は、難破家の長男で剛の兄。高校在学中に関東を完全制覇し、地元のヤンキーにはカリスマとあがめられるが、高校卒業後は定職につかず、家族からはニート呼ばわり。義理人情にも厚く、曲がったことは大嫌いで、ときにおちゃめな顔を見せる“兄ちゃん”キャラクター。

 その役柄のとおり、満島は共演者が「真之介さんが難破家の中心的存在」「ムードメーカー」と口をそろえるほど、常に現場のテンションを上げ、士気を高めてきた。カメラが止まるとおどけたり、セリフをアレンジして監督らスタッフと盛り上がったりと、『ナンバMG5』のまさにアニキ的な存在となっていた。

 そんな満島が挑んだ最後のシーンは、弟の秘密を知った猛が剛と対峙(たいじ)する場面となった。剛が家族にうそをついていたことが許せず、すっかり変わってしまったと猛は怒りを抑えられない。一方、剛は大好きな兄に理解してもらえないことが悔しくて…。

 カットがかかると、スタッフから「ただいまのシーンをもちまして、難破猛役の満島真之介さん、オールアップです!」の声がかかり、拍手が起こった。花束を持って登場した間宮の目は涙であふれ「本当は(花束を)渡したくねーよー!」と叫びながら満島に手渡し、二人は強い抱擁を交わした。

 満島も「あー、やべぇ。こんなふうになったのは初めてで、皆さんありがとうございました」と声をつまらせ、「ヤンキードラマは、自分たちの中にあるヤンキーの概念をどのように形にしていくのか、楽しみでもあり不安もありました。でも、間宮くんが真っすぐしっかり立ってくれて、自分の家族にもまさる人たちとチームに出会えたことは奇跡です。本当に幸せだと思います」と感謝。さらに「クランクアップしましたが、長い撮休に入ると思って、猛(のキャラクター)をもっと作ってきますから! 帰ってくるよ!」と再会への期待を込めた。

■満島真之介 コメント
 クランクアップした瞬間、喜怒哀楽ではとらえられないほどの感情が体中からあふれて震えていました。剛(間宮)の泣いている姿を見ちゃったら、俺も涙を止められなかった。難破家の絆を深く感じています。明るく終わるつもりだったんですが、全然だめでしたね。あんなにも子どものように泣く自分を見せたのは初めてですよ。『ナンバMG5』は計り知れないほどの愛と優しさが結集した作品です。スタッフ、キャスト皆がファミリーなんです!

 こんなところにいられるなんて、僕は幸せ者ですね。生きていてよかった。そう思わせてくれました。

 役としての出会いだけではなく、人間と人間の出会いを深く感じ、“ここに来るまでが僕のひとつの人生”だったんでしょうね。どの言葉で表現しても足りないくらい素晴らしい人たちと、作品に巡り会えた奇跡を今かみしめています。

 難破家の愛と笑顔が全国のみなさんにこれからもブッチギリで届くことを願って、僕はひとまずこの場を去ります。しかし、難破家は永久に不滅!必ずまた、パワーアップして戻ってきますから! 難破最強! 難破最高! 間宮くん、本当にありがとね。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ