プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

丸山隆平、主演舞台『パラダイス』今秋上演へ “念願”赤堀雅秋氏とのタッグ、20年にコロナ拡大で中止に

COCOON PRODUCTION 2022『パラダイス』に主演する関ジャニ∞・丸山隆平の画像

COCOON PRODUCTION 2022『パラダイス』に主演する関ジャニ∞・丸山隆平

 人気グループ・関ジャニ∞の丸山隆平が、9月25日から10月3日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、10月7日から11月3日まで東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演される舞台『パラダイス』に主演することが決定した。2020年5月から7月にかけ上演予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い中止に。今回、改めて上演されることとなった。丸山は「とにかく、万全の状態でお迎えできるように努力します。皆さんも元気な状況できてください」と呼びかけている。

【写真】関ジャニ∞がお人形に?『GR8EST BOY』たち

 今作は、俳優としても活躍する劇作家・赤堀雅秋氏が作・演出を手がけるシアターコクーン5回目の公演にして最新作。無味乾燥な日常を生きる男たちの繁栄と没落、焦燥(しゅうそう)と絶望を描く。一見豊かで、平和ぼけしているかのような東京を舞台に、社会の底辺でうごめく男たちが刹那的(せつなてき)な幸福を求め、破滅を予期しながらも走り続けるさまを、赤堀ならではの俯瞰(ふかん)した視点から映し出していく。

 以前から大ファンだという赤堀との初タッグとなる今作で、丸山が演じるのは、高齢者を狙う詐欺グループのリーダー。自身の持つ明るいキャラクターから、おおらかで天真らんまんな役を演じることが多い印象の丸山が、赤堀の描く“底辺でもがく男”をどう演じるのかに注目だ。

 舞台は東京・新宿。ちまたにはびこる高齢者を狙った詐欺グループのリーダーの男は、ある日、懇意(こんい)にしているヤクザのひとりに呼び出され、組織拡大という無理難題をふっかけられる。断ることもできず、グループの腹心らと言われるがまま手を広げていく。被害にあい、ズタボロにされていく老人たち、その家族を尻目に、彼らは一時隆盛を極めるが、やがて暗雲が立ち込める。

 共演には、八嶋智人、毎熊克哉、梅沢昌代、坂井真紀、西岡徳馬。さらに水澤紳吾 小野花梨 永田崇人ら若手の注目株からベテランまで、個性あふれる顔合わせが実現。丸山は「丸山隆平といういつもはおチャラけているアイドルが、この作品の中でどう立ちまわるのか、興味を持っていただけたらぜひお越しいただきたいです」とコメントを寄せている。

■キャスト・スタッフコメント

【丸山隆平】

2年前に中止になった段階で、気持ちは切り替えてはいたので、上演を諦めずにいてもらえていたのがうれしかったですね。
赤堀さんの作品は、昔の話ではなく常に今をリアルタイムに捉えて落とし込んでいて、大きな何かを訴えるのではなく、実は何でもない、でも人によっては放ってはおけないものがテーマだったりするんですよね。今回の上演が改めて決まるまでの間も恋しくて映画や舞台を拝見しましたが、観客側に対して答えを提示しない余白が多いところが好きです。丸山隆平といういつもはおチャラけているアイドルが、この作品の中でどう立ちまわるのか、興味を持っていただけたらぜひお越しいただきたいです。
赤堀作品の中毒者の方々がたくさんいると思うので、その方々の期待をいい意味で裏切り、その世界観を自分なりに表現できるように頑張るので、厳しい目で見てほしいです。
とにかく、万全の状態でお迎えできるように努力します。皆さんも元気な状況できてください。

【赤堀雅秋】

本来なら、この『パラダイス』という作品は一昨年の夏に上演される予定でした。これから開催される東京オリンピックを背景に、底辺で蠢く悪党たちの生きざまを描く…。しかし当時は未曾有(みぞう)の状況。公演を中止にせざるを得ませんでした。あれから2年。
状況的に何が変わったのか、正直判然としません。それでも留(と)まっていても仕方がないので演劇をします。
主人公の丸山さんをはじめ、出来得る限り2年前と同じ出演者でやりたいと申し出ました。どこかリベンジのような思いです。何に対してのリベンジかはよくわかりませんが。とにかく、飽和して今にも破裂してしまいそうな『今』を描きたいと思っています。その感情はもしかしたら『怒り』に近いかもしれません。何に対しての『怒り』かはよくわかりませんが。劇作家として、暴発したいと思っています。よろしくお願いいたします。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ