プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

長谷川博己、演技でも“内面の自分”を大切に 共感できない役柄は「嘘ついてやるしかない」 

映画『はい、泳げません』公開記念舞台あいさつに登壇した長谷川博己(C)ORICON NewS inc.の画像

映画『はい、泳げません』公開記念舞台あいさつに登壇した長谷川博己(C)ORICON NewS inc.

 俳優の長谷川博己(45)、綾瀬はるか(37)、渡辺謙作監督(51)が11日、都内で行われた映画『はい、泳げません』公開記念舞台あいさつに登壇。イベントでは、同作がきのう10日に全国公開された喜びを語ったほか、主題歌を担当したLittle Glee Monsterが生歌唱も披露した。

【集合ショット】白のノースリーブワンピで笑顔の綾瀬はるか&生歌を披露したLittle Glee Monster

 本作は、ノンフィクション作家、高橋秀実(※高=はしごだか)の同名エッセーが原作。ある決定的な理由で水を恐れることになったカタブツな哲学者・小鳥遊雄司(長谷川)が、意を決して水泳教室に通い始めることになり、水泳コーチの薄原静香(綾瀬)と出会う。カナヅチ克服に励みながら、元妻の美弥子(麻生久美子)との過去の出来事や、シングルマザーの恋人・奈美恵との未来など、目をそらし続けていた現実とも向き合っていく姿を描く。

 イベントでは、映画の内容にちなみ、人生において大切にしていることについて言及。長谷川は「俳優の仕事しているので、自分の気持ちを偽ったりもしなきゃいけないんですけど、大事なことは自分に正直になること」と語り、「表には見せないけれど、内側では正直に思っていることをきちんと持っていたい」と仕事におけるポリシーを語った。

 そして共感できないキャラクターを演じる際には「難しいけれど、自分の中から出すというよりは、完全にその役に染まって嘘ついてやるしかない」と臨んでいることを明かしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ