プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

片寄涼太、地上波ドラマで初主演 共演相手は“演技経験ゼロの一般女性”

7月期連続ドラマ『運命警察』に出演する片寄涼太(C)テレビ東京の画像

7月期連続ドラマ『運命警察』に出演する片寄涼太(C)テレビ東京

 GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー・片寄涼太が、7月12日スタートのテレビ東京系ドラマ『運命警察』(毎週火曜 深0:30)で“地上波ドラマ初主演”を飾ることが決定した。

【場面写真】メガネ姿で…『運命警察』を演じる片寄涼太

 同ドラマの主人公・命を演じる女性キャストを、同局系『~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z』(毎週日曜 後9:00)で半年以上に及ぶ選考を勝ち抜いた“シンデレラガール”を起用。あす12日の放送で最終審査を迎える。片寄は“共演者がオーディションで決まる演技経験ゼロの一般女性”という異例のスタイルに挑戦し、共演には水野美紀、後藤剛範が顔をそろえた。

 物語の主軸は、一度死んだ者たちが所属する「運命警察」というあの世の組織のエージェント。コードネームはセブン(片寄)とゼロ(水野)。この世界では「すべての人の人生は運命によって決まっており、それを変えてはならない」というルール。二人の任務は現世の人々の運命が、事前に決められたとおりに進んでいるかを監視すること。しかしある日「女優になる」という夢を胸にしまい込みながら清掃会社で働く主人公・長野命の運命がずれ始めていることに気がつく…。それを阻止するため、福山七瀬として現世に降り立ったセブン。命の夢と人生、そして運命にどう関わっていくのか…。

<片寄涼太>
今回の課題において僕自身もお二人の人生を左右してしまう立ち位置なので、できる限りお二人がやりやすいよう、自分の実力を発揮できるように集中して取り組もうと思い挑みました。オーディションで決定する方と一緒に作品を作るのは”ご縁”ですので、どちらの方になっても『運命警察』という作品がその方を選んだのだと思ってご一緒できたらいいなと考えています。

また『運命警察』というタイトルについてですが、最初はどんな作品なのか想像がつきませんでした。でも台本を読んでみると、設定がとても面白くて、しっかりと伝えたいメッセージがこめられている作品だと思いました。自分自身にも問いかけられる部分が多く、観られた方がこの答えをどのように受け取るのかとても興味があります。実際にドラマが放映されてからこの作品の答えが出てくるのかなと感じています。

自分の運命が決められていたとして、自分自身の幸せを選ぶのか、それとも誰かの幸せを選ぶのか…。そういった芯をついた部分もこめられた作品になっていますので、ぜひぜひ期待してご覧いただけたらなと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ