プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ナンバMG5』宇梶剛士&鈴木紗理奈が撮了 難破家全員で抱き合い再会誓う

ドラマ『ナンバMG5』をクランクアップした(左から)宇梶剛士、鈴木紗理奈(C)フジテレビの画像

ドラマ『ナンバMG5』をクランクアップした(左から)宇梶剛士、鈴木紗理奈(C)フジテレビ

 俳優・間宮祥太朗が主演を務める、フジテレビ系“水10”ドラマ『ナンバMG5』(毎週水曜 後10:00)にて、本作の中心的キャラクターである難破家の父・勝役の宇梶剛士と、母・ナオミ役の鈴木紗理奈がこのほどクランクアップを迎えた。

【写真】間宮祥太朗ら“子どもたち”のお祝いに笑顔!宇梶剛士&鈴木紗理奈

 原作は小沢としお氏の『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)。今までのヤンキードラマとは違い、筋金入りのヤンキー一家「難破(なんば)家」の次男・難破剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという<高校“逆”デビュー>物語となっている。

 勝は、自身も学生時代に“千葉最強”の名を轟かせるほどで、常にケンカの勝ち負けにこだわっている一方、妻と子供たちを誰よりも愛する良き父親でもある。母・ナオミも、地元で名をはせた元レディースの総長で、剛に特攻服を特注したりマスクに「殺」マークを書いてプレゼントしたり、なんともぶっ飛んでいる。子供たちが大絶賛する手料理をふるまうなど、常に家族のことを考える優しい母親だ。

 宇梶と鈴木は、出演情報が発表されるやいなや「ハマり役すぎる!」と、多くの視聴者から期待の声が寄せられていたが、ドラマではその期待をはるかに上回る熱い演技を魅せ、強烈な存在感を放ってきた。難破家は、家族全員そろって食事をするが、第1話で父・勝が「いただきます」の前に発したアドリブのかけ声「やぅし!(よーし)」が話題に。その後ずっと「やぅし!」が恒例のセリフとなった。さらに宇梶が、「いーね!」と声を上げると、難破家全員が同じポーズを取るというのもおなじみとなった。

 鈴木は、その底抜けに明るいキャラクターで、撮影現場でも家族をとりまとめる“母そのもの”だった。カメラが回っていないところでも、兄・猛役の満島真之介や、妹・吟子役の原菜乃華らと、どうやって次のシーンを演じるかなど熱心に話し合うなど、宇梶いわく「まるで熱い劇団のよう」だった。

 クランクアップを迎えた当日は、家族が剛を囲んで熱く語り合うシーンを撮影。いつもの明るい雰囲気とは一転、涙、涙の感動シーンだ。そして、本広克行監督からカットがかかると、スタッフが「ただ今のカットをもちまして、鈴木紗理奈さん、宇梶剛士さんオールアップです!」の声が掛かる。キャスト、スタッフ全員が大きな拍手と花束を贈ると、まず鈴木から「本当にありがとうございました! 毎回現場に来るのが本当に楽しみでした。元気、愛、絆、いろんなものをもらいました」とコメント。そして、宇梶は「感謝しかないです! 『ナンバMG5』という作品が大きなやわらかい深い広い入れ物になって、いい仲間に恵まれて…経験したことのない時間を過ごさせていただきました」としみじみ語った。

 そして、間宮・満島・原と5人家族で抱き合いながら、皆で「やばいな! また会おうな! いーね!」と盛り上がり、再会を誓っていた。間宮から(2人が渡された)「花束が逆だっ」とおちゃめなツッコミが入り、さらに現場は温かい雰囲気に。最後はバンザイで締めるという、難破家らしいクランクアップとなった。宇梶はあらためて「こんな家族だったら良かったなと感じました。体は疲れたけれど、心は疲れていませんよ!」とにっこり。鈴木も「難破家は理想の家族像ですね。演じているよりはリアルにやらせていただきました!」と語った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ