プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

BTS “9年の記憶”が詰まった新作『Proof』発売「チャプター1を終える特別なアルバム」【全員コメント】

ニューアルバム『Proof』をリリースしたBTSの画像

ニューアルバム『Proof』をリリースしたBTS

 韓国の7人組グループ・BTSが10日午後1時、ニューアルバム『Proof』をリリースし、リード曲「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」のミュージックビデオ(MV)をYouTubeで公開した。

【写真16点】BTSのカリスマ性際立つソロショット2パターン

 今作はデビューから9年の歴史を盛り込んだアルバムで、3枚組CDには過去と現在、未来に対するメンバーたちの考えを盛り込んだ曲が収録される。

 メンバーはBIGHIT MUSICを通じてアルバム発売に向けた心境を伝えた。RMは「新曲を初めて公開する時はいつものように緊張する。多くの方々に好きになってほしい」と胸中を明かし、「『Proof』はデビュー9周年を迎えたBTSがチャプター1を終える特別なアルバム。この9年間を共にしてくれたファンのためのメッセージが中心であるだけに歌詞に最も力を入れた」と語った。

 JINは「BTSの歴史が積み重ねられたアルバムなので、9年の記憶が次々と浮かび上がる。私もこれからもよく聴くことになるだろう」といい、「公開されていない曲や未発売曲もあり、ファンの方々も楽しく聴くことができるでしょう」と期待した。

 SUGAは「BTSの歴史が積み重ねられたアルバムなので、曲の配置にも気を遣った。最初のトラックから順に聴いてくだされば聴く楽しさがあるだろう」と説明し「新しいアルバム『Proof』に9年間の私たちの旅程を盛り込むことができて光栄だった。お聞きになる方々も、私たちの足跡に沿ってもう一度歩いてみてほしい」と伝えた。

 「久しぶりにアルバムを発売するので、うれしくてわくわくする」というJ-HOPEは、「一日でも早くARMYの皆さんと一緒に楽しみたい気持ち」と心待ちに。「『Proof』はBTSとARMYの一代記を整理したアルバムで、私たちの時間と思い出がそのまま盛り込まれているのでさらに特別だ。BTSの魂が込めたので、たくさん愛してほしい」と願った。

 JIMINは「久しぶりに発売するアルバムなのでうれしい一方、妙な気分だ」といい、「これまで発表したリード曲、発売されなかった曲も公開することになり、より特別なアルバムだ。私とメンバーの感情を感じながら一緒に話すことができ、さらに特別に感じられた」と語った。

 Vは「僕たちの9年の旅程が盛り込まれたアルバムなので、いつも僕たちを応援し、新しい歴史を作ってくださったファンの方々に大切なプレゼントになることを心から願っている」とあいさつ。

 JUNG KOOKは「すごく厚い本を1冊書き終えた感じ」と実感を込め、「今までのアルバムのように常に同じようにすべての部分を気にしながら作り、その間BTSの時間と今の感情がよくにじみ出るアルバム」と紹介した。

 MVが解禁となったリード曲「Yet To Come」は、Disc1に収録されたミディアムテンポのオルタナティブ・ヒップホップジャンル。BTSが歩んできた音楽の旅程を振り返ると同時に、さらに輝かしい未来を約束するような楽曲。穏やかな雰囲気のメロディーに「あなたの最高の瞬間はまだ来ていない(You and I, best moment is yet to come)」という希望的なメッセージとBTSの落ち着いた声が調和し、心地よく染み渡る。この曲を通じて、「あなたの明日がさらに輝くだろう」と、全世界に肯定的なメッセージを発信する。

 Disc2の始まりの曲「RUN BTS」は、デビュー当初BTSの自由奔放な覇気がそのまま溶け込んでいるアップテンポヒップホップ。今に満足せず、より力強く走っていくというアイデンティティを示す。

 Disc3最後の曲でアルバム全体のフィナーレを飾るファンソング「For Youth」は、BTSがARMY(ファン)に捧げる曲。2016年に発売されたアルバム『花様年華 Young Forever』の収録曲「EPILOGUE:Young Forever」をサンプリングし、実際のBTS公演でのファンの歓声から始まる。

 13日には公式YouTubeチャンネル「BANGTANTV」で、新曲を初披露するほか、16日にMnet『M COUNTDOWN』、17日にKBS2『ミュージックバンク』、19日にSBS『人気歌謡』など相次いで韓国の音楽番組に出演し、新曲ステージを披露する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ