プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】新規キャスト10人発表 生田斗真、山寺宏一、関智一ら多彩な顔ぶれ

(左から)生田斗真、山寺宏一、関智一の画像

(左から)生田斗真、山寺宏一、関智一

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第7次キャストが行われ、生田斗真、山寺宏一、関智一ら8人の出演が発表された。

【10人のソロ写真】菊地凛子、山谷花純、山中崇ら…豪華な追加キャスト陣

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 後鳥羽上皇の側近・源仲章を生田斗真、朝廷の実力者・土御門通親を関智一、中世きっての名僧・慈円を山寺宏一、北条義時の“第三の妻”のえを菊地凛子、時政とりくの娘婿・平賀朝雅を山中崇、北条泰時の妻・初を福地桃子、政子と対決する大政治家・藤原兼子をシルビア・グラブ、源頼家の側室・せつを山谷花純、源頼家の正室・つつじを北香那、善児に育てられた孤児・トウを山本千尋が演じる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ