プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】生田斗真、3度目の大河ドラマ出演 後鳥羽上皇の側近・源仲章役

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演する生田斗真の画像

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演する生田斗真

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の追加キャストとして、後鳥羽上皇の側近・源仲章を演じる生田斗真の出演が決定した。生田が大河ドラマに出演するのは今作で3度目となる。

【10人のソロ写真】関智一、山寺宏一、菊地凛子ら…豪華な追加キャスト陣

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 今回の第7次キャスト発表では、北条義時の“第三の妻”のえを演じる菊地凛子、“朝廷の実力者”土御門通親を演じる関智一、時政とりくの娘婿・平賀朝雅を演じる山中崇、北条泰時の妻・初を演じる福地桃子、政子と対決する大政治家・藤原兼子を演じるシルビア・グラブ、中世きっての名僧・慈円を演じる山寺宏一、源頼家の側室・せつを演じる山谷花純、源頼家の正室・つつじを演じる北香那、善児に育てられた孤児・トウを演じる山本千尋の出演が発表された。

<生田斗真のコメント>
――登場人物の印象&意気込み
今回私が演じます源仲章は、後鳥羽上皇に仕えながらも、源実朝の教育係として、幕府にも出入りしており、スパイのような役回りをしていたのではないかと言われる人物です。未だ謎に満ちた人物ではあるのですが、思い切って、大胆に演じたいと思います。

――大河ドラマ出演について
『いだてん』では、スウェーデンでの長期ロケがありまして、非常に思い出深いです。日本人スタッフとスウェーデン人スタッフが本当に仲が良く、みんなで打ち上がった夜は忘れられない素晴らしい思い出です。中村勘九郎さん、竹野内豊さんと遊園地に行った事もありました!

――共演者について
小栗さんとは久しぶりの共演となりますが、キャストスタッフの皆さんをいつも大切にしていて、本当に素晴らしい座頭です。ただ、私の長台詞をまるまる覚えてきて「間違えたらすぐ指摘してやろうて思って」と笑う彼は、20代の頃のイタズラ小僧の顔をしておりました。そんなところもすてきです。キュンです。シュンです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ