プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ミニオンズ フィーバー』70年代風のサイケなキャラクタービジュアル

映画『ミニオンズ フィーバー』7月15日公開(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.の画像

映画『ミニオンズ フィーバー』7月15日公開(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

 7月15日から全国公開される「ミニオンズ」シリーズ最新作、映画『ミニオンズ フィーバー』より、ハリウッドを代表するカンフーの達人を彷彿とさせる“燃えよミニオン!”スタイルに、70年代風のサイケデリックなデザインでミニオンたちのフィーバーぶりを表現したキャラクタービジュアルが到着した。

【動画】『ミニオンズ フィーバー』日本語吹替版予告

 前作『ミニオンズ』から登場する3人のミニオンのうち、ふたつ目で、身長は高め、そしてまっすぐ上に伸びた髪が特徴のケビン。3人の中でもお兄さん気質のケビンは、今作でも少年グルーの家に居候することとなった大量のミニオンたちをまとめあげ、頼もしさいっぱい!ビジュアルでもお兄さんらしい凛々しい表情をみせていまる。

 ひとつ目で髪型がセンター分けとなっているのは、一番のバナナ好きでまさに次男という表現がぴったりのスチュアート。音楽が大好き、そしていつもマイペースで、周りをかき乱してばかりのスチュアートが、ビジュアルにあるようなパワフルなパンチでケビンたちとちゃんと協力できるのか!?

 一番背が小さく、オッドアイの目が可愛らしいミニオンたちの弟分ボブ。前作ではボス探しの旅に立候補したにも関わらず、いざとなると半ベソになり、ケビンにくっついて駆け回っていた甘えん坊な性格だが、本作ではちょっぴり成長して、あざとさを武器にするまでに? ヌンチャクを片手にどんなカンフーを披露するのか楽しみだ。

 ほかのミニオンに比べてまんまるとしたシルエットで、チャームポイントの矯正器具を口からのぞかせながら、70年代に流行ったペットロックを誇らしげに掲げているのは、新ミニオンのオットー。本作では少年グルーの運命を握る重要な役どころを担うが、オットーにはおしゃべり好きでマイワールドに没頭してしまうクセがあり、ドジなところが魅力のミニオンの中でも、重度のうっかり屋。少年グルーの運命にどのような影響を与えるのか?

 本作の舞台は、1970年代。“スーパー・ヴィラン”になることを夢見る、11歳のグルー少年の物語。グルー少年を助け出すため、ケビン、スチュアート、ボブは、カンフー・マスターに弟子入りを志願するが、それは、幾重もの試練が待ち受ける、険しき道の始まりだった…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ