プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

「カラオケ行こ!」実写映画化 原作・和山やま×監督・山下敦弘×脚本・野木亜紀子、主役はオーディションで決定

「カラオケ行こ!」実写映画化の画像

「カラオケ行こ!」実写映画化

 「このマンガがすごい!2021」オンナ編第5位(宝島社)、「マンガ大賞2021」第3位など、漫画賞に続々ランクインした、和山やまの「カラオケ行こ!」の映画化が決定。今回、魂のこもった歌を歌う中学生・岡聡実役のキャストをオーディションで決めることも発表された。

【画像】「カラオケ行こ!」を含む『マンガ大賞2021』候補10作品

 本作は、合唱部部長の岡聡実(おか・さとみ)が、ヤクザの成田狂児(なりた・きょうじ)にカラオケに誘われ、歌のレッスンを頼まれる。組のカラオケ大会で最下位になった者に待ち受ける“恐怖”を回避するため、何が何でも上達しなければならないというのだ。狂児の勝負曲はX JAPANの「紅」。聡実は、狂児に嫌々ながらも歌唱指導を行うのだが、いつしかふたりの間には奇妙な友情が芽生えていくのだった。聡実の運命や如何に? そして狂児は最下位を免れることができるのか?

 映画化にあたり、聡実役のキャストを決めるオーディションへの参加者を募集(6月13日~7月15日)。満12歳~16歳までの男性、プロ・アマ問わず、歌唱経験・演技経験・変声期の有無も問わない。

 監督は、映画『リンダ リンダ リンダ』『味園ユニバース』などの山下敦弘。脚本は、ドラマ『アンナチュラル』『MIU404』『逃げるは恥だが役に立つ』、映画『罪の声』など多くの話題作を手がけるヒットメーカーの野木亜紀子。連続ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』(20年、ギャラクシー賞受賞)の二人が再タッグとなる。

 原作者の和山は、3年の間に発表したすべての作品が主要漫画賞受賞するなど輝かしい功績を積み上げ、今もっとも新作が期待される漫画家の一人。「この漫画は元々邦画への憧れから描いたものでした。今回映画として形になるのが本当に嬉しく思います。また、監督の山下敦弘さん、脚本の野木亜紀子さんの作品は元々大好きでしたので、融合して新たに生まれる『カラオケ行こ!』が楽しみで仕方がないです」と、期待の込めたコメントを寄せている。

■監督:山下敦弘のコメント

 昔から男たちが見つめ合う映画が好きだった。“見つめ合う”と書くと、なんだか恋愛ドラマのようなニュアンスにも思えてくるが、それだけではない。男の友情や切なさを描いた映画、つまりは“バディもの”と呼ばれるジャンルに心ひかれてきた。

 『カラオケ行こ!』に出てくるバディはヤクザと中学生。年齢も住む世界も違う二人が“歌”をきっかけに出会い、不思議な友情が生まれる。魅力的で面白い原作だが、生身の人間が演じる“映画”という表現において、監督としての課題は多い。しかし、バディものを得意とする野木亜紀子さんが脚本を書く。面白くならないわけがない。自分のルーツである“見つめ合う男たち”を最高の布陣で作れることに、今から楽しみでしょうがない。

■脚本:野木亜紀子のコメント

 あの“和山やまワールド”を、どうすればフィルムに落とし込めるのか。正直なところ全く自信がありませんが、山下監督ならあの空気を醸し出せるのではないかと、このたびの座組を心強く思います。和山先生が生み出した、愛すべき聡実くんと狂児を壊さぬよう、慎重に、映画としてのベストを尽くしてまいります。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ