プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

橋本愛&中村蒼『家庭教師のトラコ』“誘拐現場”シーンから撮入「誰かの力になる作品になれば本望」

7月期『家庭教師のトラコ』をクランクインした橋本愛、中村蒼 (C)日本テレビの画像

7月期『家庭教師のトラコ』をクランクインした橋本愛、中村蒼 (C)日本テレビ

 俳優の橋本愛が主演する、7月期日本テレビ系連続ドラマ『家庭教師のトラコ』(毎週水曜 後10:00)。このほど主人公・家庭教師のトラコを演じる橋本と、トラコのパートナー・福多を演じる中村がクランクインを迎えた。橋本は「純粋に楽しんでいただきたいですし、私自身、テレビドラマのたった一言のセリフで人生が変わった経験があるので、この作品をご覧いただいた方々の、誰かの力になる作品になれれば本望です」と想いを明かした。

【全身カット】“合格率100%を誇る謎の家庭教師”を演じる橋本愛

 オリジナル作品となる今作は、家庭教師のトラコが問題を抱えた3つの“家庭を教師する”個別指導式ヒューマンドラマ。トラコこと根津寅子が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と3人の子どもを救っていくことになる。3人の母親と子どものキャスティングは後日、発表される。

 ファーストシーンはまさかの「誘拐現場」。出だしから緊迫したシーンの撮影となったものの、監督からカットの声がかかると、一気に和やかな雰囲気に。橋本は「私は子どもに限らず人が本当に大好きで、トラコさんが人に怒ったりするシーンは特にトラコさんと自分とに距離がある分、すごくエネルギーを使うんです(笑)。だからカメラの回っていない時だけはちょっと楽しく遊びたいなと思って、共演者のみなさんに構ってもらっています」と、撮影外では肩の力を抜いて臨んだそう。

 「トラコさんはいろんなキャラクターに変ぼうするので、共演者のみなさんと相対したときに、トラコさんがどういうリアクションをするのか…私にとっても未知数で楽しみです。これからの掛け合いを一つ一つ楽しんでやっていけたらと思っています」と、改めて意気込んだ。

 また、中村は「これから数ヶ月、一緒に作品を作り上げると思うと、ワクワクしています」と期待し、中でもトラコが子どもたちと向き合うシーンを楽しみに。「怒ったりすることの中にも、どこかで相手に対しての深い愛情が垣間見えるんじゃないかなと思っていて、そんなトラコさんみたいな人が先生としていてくれるのをすごくうらましく思います。人は、生きていく上でいろんな判断をしなければいけない瞬間があると思いますが、そういう時に、トラコさんは本当に大切なことを教えてくれる先生なので、その大切なヒントをこの作品を通してつかんでいただければと思います」と視聴者へメッセージを送っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ