プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『未来への10カウント』最終回がトレンド1位の大反響「何度も涙しました」 早くも「続編に期待」の声

ドラマ『未来への10カウント』最終話より(C)テレビ朝日の画像

ドラマ『未来への10カウント』最終話より(C)テレビ朝日

 歌手で俳優の木村拓哉が主演する、テレビ朝日系連続ドラマ『未来への10カウント』(毎週木曜 後9:00)が9日、最終話を迎えた。

【写真】最終回に登場?“高校生あるある”土佐兄弟が高校生役

 今作は木村拓哉演じる、一度希望を失った男・桐沢祥吾が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツドラマ。

 松葉台高校でボクシング部のコーチと非常勤講師を続けながら、コロナの影響で潰れてしまった焼き鳥店も再開させることになった桐沢祥吾(木村)。彼は開店準備に奔走しながら、悲願のインターハイ出場を目指す弱小・ボクシング部の指導にさらなる熱を注入。度重なる不幸に見舞われ、生きる希望を喪失していた頃とは一転、止まっていた時間を取り戻すかのようにフルパワーで人生を突き進んでいた――。

 そんな桐沢への想いが溢れだし、いきなりプロポーズしてしまったボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)。一方、葵の息子・圭太(川原瑛都)は桐沢に父親になってほしいと切望。しかし2人の結婚には“もうひとつの障壁”が存在することを知る。

 そんな中、桐沢はようやく焼き鳥店の開店日を迎えるが、その矢先、桐沢があろうことか、部員たちを指導している最中に倒れてしまい…。

 やがて、松高がインターハイ出場を懸けて宿敵・京明高校に決戦を挑む時がやって来た。前年の雪辱を果たすべく、インターハイ予選に臨む松高ボクシング部。さまざまな壁にぶち当たり、迷い悩みながらも切磋琢磨してきた桐沢と部員たちの行く末、そして桐沢と葵の恋の行方とは…というストーリーだった。

 最終回放送後には、「#未来への10カウント」がツイッターのトレンド1位となり「涙なしでは見れませんでした」「何度も涙しました」「来週から楽しみが…」「みらてん最終回迎えてしまって寂しい」「キムタクの負けない目力に勇気をもらいました」「コーチの言葉が胸に響いた」との声のほか「続編に期待」「続編待ってます!」など早速続編を望む声も多く寄せられていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ