プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

鈴木拡樹、ムビ×ステ『死神遣いの事件帖』に“カムバック” 脚本の毛利亘宏氏に感謝「次の映画にも出られる」

『死神遣いの事件帖』に“カムバック”した鈴木拡樹 (C)ORICON NewS inc.の画像

『死神遣いの事件帖』に“カムバック”した鈴木拡樹 (C)ORICON NewS inc.

 映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【東映ムビ×ステ】の第2弾として制作された『死神遣いの事件帖』の続編となる舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚(ゆうめいきたん)-』の初日前取材会が9日、東京・有楽町のヒューリックホールで行われ、俳優の鈴木拡樹、小林亮太、神尾佑、凰稀かなめ、脚本・演出の毛利亘宏氏が出席した。

【集合カット】「きょうから勝負」…初日に向けて語った鈴木拡樹、小林亮太ら

 久坂幻士郎役の鈴木は「ムビステの第2弾。ムビステの中では初めて続編を描いた作品となっています。舞台の『幽明奇譚』から始まりまして、そのあと映画の『月花奇譚』も控えています。前作を楽しんでいただいた方、今作からこの世界に入っていただく方の両方の方に楽しんでいただくために、開演を心待ちにしたい。きょうから勝負だと思っています」と笑顔を見せた。

 見どころを問われると鈴木は「傾くのが、1つのテーマになっている。仰々しい格式高いという感じではないんですけど、ところどころ生き様を見せるようなところがある。それぞれのキャラクターを愛してもらえるのでは」と呼びかけた。

 また、幻士郎は死んでしまっていた。毛利氏は「よせばいいのに、1作目で主人公を殺す…。でも、どうやら死んでもいないし、あの世にも行っていない状態だと聞かされております。それを現世に戻してくれと発注をいただいた。発注には応えられたのかなと思います」と苦笑い。鈴木も「なかなか死んだキャラを生き返らせるのは難しい。それをしっかりと汲んでくださって生き返ることができて、次回の映画にも出られることになっています」と感謝していた。

 舞台に続く映画 『死神遣いの事件帖 -月花奇譚(げっかきたん)-』は、今冬に公開予定となる。また、舞台に7ORDERの安井謙太郎が声の出演をすることも明かされた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ