プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ディーン・フジオカ&岩田剛典、犬診断でチワワタイプに 相性は50%で苦笑い「2人合わせて100%ということで」

映画『バスカヴィル家の犬』の公開直前イベントに登場した(左から)西谷弘監督、ディーン・フジオカ、岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『バスカヴィル家の犬』の公開直前イベントに登場した(左から)西谷弘監督、ディーン・フジオカ、岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.

 俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典、西谷弘監督が9日、都内で行われた映画『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の公開直前イベントに登場した。

【動画】ディーン&岩田剛典がイチャイチャ!仲良しエピソードを告白

 イベントでは、作品にかけて“犬性格診断”を行うことに。○×問題に回答し、○の数で性格を診断するものだった。診断の結果、3人そろって「チワワタイプ」になってしまった。

 「キュートで愛され上手」「ヤキモチ焼きで恋人や友だちがほかの誰かと仲良くしているとご機嫌ナナメになることも」という結果に、ディーンは「まんまですね。チワワちゃんでした」と即答。一方の岩田は「僕はハスキータイプがよかった。悔しいな」としながらも「ディーンさんと一緒でよかった」とにっこり。これに西谷監督は「現場でヤキモチを焼いてしまう。ディーンさんとがんちゃん(岩田)がイチャイチャしている。最初は自分が、そういうシーンにしたくてやったんですけど、撮影が終わってもイチャイチャしてる。嫉妬しています」と笑っていた。

 また、チワワタイプ同士の相性は50%という結果も。ディーンは「どうなんだろうね」と苦笑いし、岩田も「コメントしにくい…」とぽつり。それでも岩田は「50%なので2人合わせて100%ということですよね」とポジティブにとらえていた。

 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ