プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ディーン・フジオカ&岩田剛典、劇場版『シャーロック』ネタバレOKに喜びも苦笑い「変なクセが」

ネタバレOKに苦戦した(左から)ディーン・フジオカ、岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.の画像

ネタバレOKに苦戦した(左から)ディーン・フジオカ、岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.

 俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典、西谷弘監督が9日、都内で行われた映画『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の公開直前イベントに登場した。

【動画】ディーン&岩田剛典がイチャイチャ!仲良しエピソードを告白

 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

 この日は、初めて観客が視聴したあとのイベントだった。ディーンは「この日を楽しみにしていました。ついにネタバレができる!」と満面の笑み。岩田も「自分も、この日を待ち望んでいました。きょうは何でも話していいということで作品の魅力、深みを知っていただきたい」とにこやかに語った。

 ただ、作品の深い部分の話題になると、なかなかうまく言葉にできず。岩田が「どこまで話していいかわかんなくなっちゃいますね」と困った顔を見せると、ディーンは「言っちゃって、いいんだよ、がんちゃん! だって俺ら今まで『犬好きの人も楽しめます。人間が好きでも楽しめます』ぐらいしか言えなかったんだよ! ついに深い話が!」とフォローし、笑いが。

 しかし、そんな助言をしていたディーン自身もトーク中にオブラートに包んだ言い方をしていしまい「変なクセがついていて、ネタバレを気にしてしまう。言っていいのかな」と苦笑いを浮かべていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ