プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】山寺宏一&関智一、出演決定で声優ファン歓喜「耳が幸せ過ぎる」「実写演技ワクワク」

(左から)山寺宏一、関智一(C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)山寺宏一、関智一(C)ORICON NewS inc.

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の追加キャストとして、きのう8日に“朝廷の実力者”土御門通親を演じる関智一、きょう9日に中世きっての名僧・慈円を演じる山寺宏一の出演が発表された。両者とも大河ドラマに出演するのは今作が初となる。

【写真】山寺宏一の妻…岡田ロビン翔子が笑顔で手をふる

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 山寺は「仏教界で地位を築き、政界にも影響を及ぼし、さらに自らの心の内を詠み数多くの名歌を残した慈円。知れば知るほど魅力的な人物だと感じています。天下泰平を祈り公武両立を理想としたといわれている慈円が、このドラマでどのような役割を担うのか?心して挑みたいと思います。三谷さんからは『威厳9割、いかがわしさ1割なイメージで』というアドバイスが。逆にならないよう気をつけます!」と意気込み。

 関も大河初出演とあり喜びもひとしお。「昔から好きで観てきたシリーズでしたので、お話が決まった時は飛んで喜びました。周りにも、『いつか大河ドラマに出演するのが夢の一つだ』と語っていたので、それがかなえられて光栄です。かなえて下さった方々、本当にありがとう御座います!」とコメントを寄せている。

 連日の発表に声優ファンも大きく沸き、「耳が幸せ過ぎるキャスト陣だ」「大河ドラマに声優陣いるの嬉しいね」「実写演技ワクワク」「今作特に声優畑の俳優さんの露出多いな 楽しみ」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ