プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】山本千尋、大河ドラマに初出演 “アサシン”善児に育てられた孤児・トウ役

山本千尋の画像

山本千尋

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の追加キャストとして、善児に育てられた孤児・トウを演じる山本千尋の出演が決定した。山本が大河ドラマに出演するのは今作が初となる

【写真】 夜の草むらで…襲われそうになった比奈を助けた義時

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 この日の発表ではそのほか、源頼家の側室・せつを演じる山谷花純、源頼家の正室・つつじを演じる北香那、中世きっての名僧・慈円を演じる山寺宏一の出演が発表された。

<山本千尋のコメント>
――登場人物の印象&意気込み
静かな覚悟を抱きながらも志を受け継ぎ、鬱憤と恩愛の迫間で生きる彼女の運命に、三谷さんが与えて下さった新たな挑戦と愛を感じます。「僕も楽しんで書いていますので、楽しんで鎌倉時代を駆け抜けてください」とお言葉をいただきました。大義名分の鎌倉時代に炎の化身の如く、強く、儚く、良い意味で裏切れる存在でありたいと共に、まずは初めての大河ドラマを思いっきり楽しみたいと思います

――三谷幸喜氏について
三谷さんの作品ではAmazon オリジナルドラマ『誰かが、見ている』に出演させていただき、それが初めての三谷組でした。三谷さんとのオーディションがあったのですが、実はそこが初めての三谷さんではなく、私がまだ上京して間もない時に電車で一方的にお見かけしたことがありました。もちろん三谷さんが私を知っているはずはないだろうし、当時の私も芸能の世界にまだまだ疎くて…、「あ、テレビで見たことある人」とサラッとファースト三谷さんを流してしまいまして…、ただすごく目があったなぁと勘違いかもしれませんが、当時の記憶として残っていました。

それがなんと、ドラマのオーディションの時に三谷さんの方から「かなり前に電車で会ったのですが、覚えていますか?」と仰ってくださったのです!まだ女優の仕事も全然していないのに知ってくださっていただなんて。うれしさと同時にサラッと流した当時の自分を反省しました。三谷さん曰く、当時の私はものすごく怖い顔で電車に乗っていたそうです(笑)

――共演者について
クランクインの日、主演の小栗さんをはじめ、キャスト・スタッフの皆様からまさに「三谷組にきたな」という温かなオーラを感じました。まず初日の衣装・カツラ合わせの日、1番にお会い出来たのが、佐藤二朗パパでした(笑)。三谷組のドラマで私は二朗さんの娘役でした。今回初大河でど緊張しいてる中、1番最初にお会い出来たのがパパだったので緊張が和らいだと言いますか、何だかホッとしました。

そして今回トウの登場シーンで相談に乗って頂いたのが山本耕史さんです。三浦義村は全く出ていないシーンなのですが、リハの動画を見ていただき明確でものすごくしっかり細かくアドバイスをくださって。そのお陰もあり、アクション部さんに支えていただきながら登場シーンを思いっきり気持ちよくさせていただくことが出来ました。耕史さんとは舞台でご一緒させていただきましてその際に剣の捌き方やお芝居の仕方、日頃のトレーニングなどフランクに話し掛けてくださって、心底頼らせて貰っている大先輩です。梶原善さんのことは、これから善児とトウの物語が始まるというところもありますので、またゆっくりとお話しさせてもらえる機会があればうれしいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ