プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松田龍平主演、パニックスリラー『鵜頭川村事件』蓮佛美沙子、工藤阿須加、山田杏奈ら出演

松田龍平主演、『連続ドラマW 鵜頭川村事件(うずかわむらじけん)』(全6話)8月28日放送・配信スタート (C)WOWOWの画像

松田龍平主演、『連続ドラマW 鵜頭川村事件(うずかわむらじけん)』(全6話)8月28日放送・配信スタート (C)WOWOW

 俳優の松田龍平が主演を務めるWOWOWの『連続ドラマW 鵜頭川村事件(うずかわむらじけん)』(全6話)の放送・配信スタート日が8月28日に決定。キャストと配役が発表された。松田が「何かがおかしい村」に思わず目を向け、立ち尽くす様が印象的なポスタービジュアルも解禁となった。

【動画】『鵜頭川村事件』特報

 「避雷針の夏」「死刑にいたる病」など、閉鎖空間の人間の心情を描くことに長けた人気作家・櫛木理宇の同名小説(文春文庫)をドラマ化。舞台は、日本の片隅にある鵜頭川(うずかわ)という名の村。行方不明の妻を探す医師・岩森(松田)は、娘を連れて妻の故郷であるその村を訪れるが、滞在中に村は集中豪雨に襲われ、土砂崩れで孤立状態に。電波も入らず外界との連絡が一切取れなくなってしまう。そんな中、一人の若者が何者かに殺され、村中に不安が走る。

 そして、続けざまに新たな殺人事件が発生し…。疑心暗鬼で暴徒化する村人たち。そして村に根深く残る因習、権力闘争や世代間対立にも巻き込まれながら、岩森は妻の行方につながる新事実にもたどり着くのだが…。果たして、絶望の村で愛する者を守り抜き、家族の絆を取り戻すことは出来るのか――!?

 失踪した岩森の妻・仁美と、その双子の妹・矢萩有美の「ダブルヒロイン」を演じたのは蓮佛美沙子。蓮佛は物語の鍵となる仁美、そして岩森とともに仁美を探しながら村で起きる事件の真相に迫る有美の一人二役を、緻密に演じ分けた。

 村では矢萩家と降谷家の血縁に基づく権力闘争が根深く残るが、その 村一番の権力者・矢萩吉朗を伊武雅刀。産業廃棄物で財を成す矢萩総業のトップをその存在感と確かな演技力で体現する。

 対する降谷家の一員であり、青年団のリーダーを務める降谷辰樹を工藤阿須加が演じる。事件の糸口をつかむことになる女子高校生・降谷美咲には気鋭の若手女優・山田杏奈。

 さらに、血縁同士が争いを繰り広げる中で中立を保つ村の村長・降谷正宗を綾田俊樹。村の発展を名目に次世代クリーンパークの建設を目論むコンサルタント・金井誠に眞島秀和。そして、鵜頭川村駐在所の警察官・吉見忠彦を荒川良々。ほかに、板橋駿谷、冨手麻妙、吉岡睦雄、和田光沙、宇佐卓真らが鵜頭川村の住人を演じる。

 鵜頭川村で岩森を待ち受ける想像を絶する体験とは? 入江悠監督ならではの映画さながらの迫力ある映像、そして村独特の風習や登場人物たちの混乱ぶりが伺え、怖いもの見たさに興味をそそる特報映像も解禁。撮影は、2021年の冬、長野県伊那谷フィルムコミッションの全面協力を受け、2ヶ月強“オール長野ロケ”で行われた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ